プロの手で“盆栽”が完成されていく様子に「まさに変身」「Wonderful」 ブーム再燃、日本が誇る芸術品のイメージ覆す光景に国内外から反響(1/2 ページ)

これならできるかも……!

» 2024年03月24日 07時30分 公開
[瀬山野まりねとらぼ]

 興味はあっても始めにくい――。そんな“盆栽”のイメージを覆す、初心者向けの解説動画がYouTubeチャンネル「盆栽Q BonsaiQ」に投稿されました。記事執筆時点でこの動画の再生数は2万9000回を超え、「針金と鉢で、まさに変身って感じです」「勉強になります」と国内外からの称賛の声が届いています。盆栽始めたくなる!

盆栽の骨組みを作る解説 この五葉松が……
「【初心者】盆栽の基本を学ぼう。五葉松のミニ盆栽編【盆栽Q】」

初心者向けの盆栽入門

 投稿者は盆栽文化の普及活動をしている田口(@eiseiboy)さん。ブログや動画などさまざまなコンテンツを発信している総合メディア「盆栽Q」を運営しています。今回は樹齢10年以上の五葉松を素材にした基本を学ぶ初心者向けの動画です。

まずは観察し、整理や剪定(せんてい)へ

 始めは幹の細さなど木の特徴を観察します。この木はわびさびの情緒がある、細幹を生かした文人木という樹形です。一番魅力的に見える場所を探して正面を決めたら作業開始!

盆栽の骨組みを作る解説 木の特徴を観察します

 盆栽の基本は頭の部分を小さく作ること。この木は頭が2つできているので、片方を切っていきます。枝を切るときは際で切るとえぐれるように枯れてしまうので少しだけ残します。

 重要なのは細い枝ですが、太い枝を今切ると現段階でさみしくなってしまうので、今回は両方残し枝が充実してきたら太い方の枝を切ります。このように成長の仕方とともに現状の姿も考えながら剪定(せんてい)を進めていきます。

盆栽の骨組みを作る解説 枝切り終了。すっきりしました

針金掛けにもさまざまなポイントが

 今回は1.8ミリのアルミ線を使います。なるべく近い枝同士で掛けた方がきれいに見えるとのこと。太い針金のあとには細い針金を掛け、枝を下げていきます。針金は交差しないようにし、沿わせるように意識します。全体に巻いて、下に向いた葉を取り除けば第一段階の完了です。

盆栽の骨組みを作る解説 美しく見えるように巻いていきます

 今後は少しずつさらに枝を下げて整え、芽の数を増やして枝の棚を作っていくことになります。現在の雰囲気を保ちながら良い盆栽へ育てていくのです。 

盆栽の骨組みを作る解説 針金掛け完了です

植え替えの鉢選び

 このような文人木は丸い鉢がよく似合うとのこと。ということで早速植え替えの解説に。固くなっている土をほぐしたあとは、用意した3つの鉢に入れてどれにするかを決めていきます。今回は丸みのある黒い鉢に決定!

盆栽の骨組みを作る解説 土をほぐして

 網を張って針金を通して準備したあとは、底に細かい土を敷きます。そこに先ほど土をほぐした木を入れて、さらに土を入れていきます。田口さんは100円ショップで購入した土入れを使用しています。

盆栽の骨組みを作る解説 植え替えます
盆栽の骨組みを作る解説 土を入れます

 鉢ごと漬けて水を与えたら、カットしたコケを張り再び手で持ちながら水に浸して完成です! 整えたことでサイズはコンパクトになりながらも大きく見え、さらに古き良い雰囲気もある仕上がりになりました。成長が楽しみ〜!

盆栽の骨組みを作る解説 コケを張って水を与えたら……
盆栽の骨組みを作る解説 完成! すてきだな〜!

 将来的には下の枝を切っても幹を曲げて背を低く作っても。幹の流れを強調したい場合など好みに合わせたアドバイスもありました。詳しくは動画で解説しています。

国内外から称賛の声!

 コメント欄には国内外から「基本を繰り返し教えてもらえるのは助かります」「勉強になります」「すてきなレッスン!」「翻訳を通してもわかりやすいです。ありがとう!」といった称賛が寄せられています。

盆栽の骨組みを作る解説 盆栽の可能性は無限大

 まずは基本の骨組みを作るところをしっかりと行い、無限の可能性がある盆栽の世界を楽しみましょう! YouTubeチャンネル「盆栽Q BonsaiQ」では、他にも盆栽を始めたくなるようなすてきな動画を数多く公開中。また、公式サイト「盆栽Q」をはじめ、X(Twitter)アカウント(@bonsaiq_info)やInstagramアカウント(@bonsaiq.jp)も運用しています。

「【五葉松】初心者向け?素材の見極め、構想、作り方を学ぶ【盆栽Q】」
「【真柏】初心者から1歩前に!癖のある木を盆栽に仕立てよう【盆栽Q】」
「五年以上植え替えをしていない木。吹き流しの樹形で蘇る【盆栽Q】」

画像提供:YouTubeチャンネル「盆栽Q BonsaiQ」

オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  2. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  3. /nl/articles/2404/19/news128.jpg 「プロ野球チップス」で誤字 伊藤大海投手を「176m」と記載してカルビー謝罪
  4. /nl/articles/2404/16/news112.jpg 「ママ友襲来10分前」→さぁ、どうする……? 大爆笑の“あるある”再現が400万再生突破「腹ちぎれました」「バナナ食べんでもええやん」
  5. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  6. /nl/articles/2404/18/news032.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに手をスリスリされた瞬間…… 愛と幸せあふれる空間に笑顔になる「これぞ天使だ」
  7. /nl/articles/2404/18/news130.jpg 漂う違法感 東京に戻る息子へ持たせた“大量のブツ”に「九州人あるある」「帰省からの帰りいつもこれ」の声
  8. /nl/articles/2404/18/news176.jpg 「大型魚の餌に!!」 熱帯魚店の“思わず目を疑うPOP”に恐怖 「サメでも飼うの?」
  9. /nl/articles/2404/18/news015.jpg 【追記】クルマのヘッドライトを「魔法の水」で磨いてみたら…… SNSで話題「ダイソーのアルカリ電解水」の効果に「今日やってみます」「参考になりました」の声
  10. /nl/articles/2404/16/news135.jpg 鼻がムズムズの2カ月赤ちゃん、息を吸い込んだ次の瞬間……! まるで天使な8秒に「このくしゃみは何!?」「全てがかわいい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」