なんてダイナミックな……! 現役漁師が不屈の精神で作った「昔の漁師飯」に90万再生の反響 「めっちゃ感動した」(1/3 ページ)

撮影に要した日数はなんと4日!

» 2024年03月24日 18時05分 公開
[川上酒乃ねとらぼ]

 昔の漁師たちが実際に作っていたという“漁師飯”をできるだけ当時に寄せて再現した動画が、YouTubeで約90万回再生されるほど話題に。現役漁師が魚を釣るところからスタートし、失敗しそうになってもくじけず最後までやり遂げました!

 この動画を投稿したのは、香川県・小豆島での現役漁師としての生活をYouTubeチャンネル「小豆島の漁師はまゆう(@hamayu1137)」で公開しているはまゆうさん。今回は、かつて秋田県男鹿市の漁師たちが獲れた魚介類を岩のくぼみや船で利用している桶などに詰め込んでみそで味付けして作ったという「石焼き鍋」を再現しました。

 注目すべきは、はまゆうさんが徹底的に昔ながらの方法にチャンレンジしていること。なんと岩のくぼみを鍋代わりにして、そこに長時間熱して高温度にした石を投入して作るという方法を採用していているのです。

撮影に要した日数はなんと4日!

 今回はまず船で海上に出て、網漁で魚をゲットするところからスタート。しかし1日目と2日目はあまりに捕獲数が少なく、3日目に再々チャレンジ。ようやく大量のタイや最高級のキジハタなどがゲットできました。

小豆島の漁師はまゆう 獲れたタイを網から外していくはまゆうさん
小豆島の漁師はまゆう 最高級のキジハタ(アコウ)もゲット!

 調理を開始する前に、鍋代わりにする海岸で探し出した岩のくぼみをたわしで洗浄しました。その後、鍋の具材として選んだウマヅラハギとキジハタを、ウロコを取ってぶつ切りするなどして下処理していきます。

小豆島の漁師はまゆう 獲れた中で今回使うのはウマヅラハギとキジハタ
小豆島の漁師はまゆう 皮を剥いでぶつ切りにされたウマヅラハギ

 下準備の後は、今回の鍋で大事な役割を担う熱源となる石を探索。はまゆうさんによると、本来、男鹿市の石焼き鍋で使うのは金石(かないし)と呼ばれる溶結凝灰岩の一種だそうで、今回はそれっぽい黒い石を選びます。

 しかしこの時点で潮が満ちてきたために、作業は翌日へ。翌朝、早朝6時に海岸に戻り作業を再開しました。海岸で拾った流木や炭にバーナーで火を起こし、そこに前日にゲットしていた石を入れて熱します。

 2時間後、石の温度が鍋に使用できるくらいしっかりと上昇したため、岩のくぼみに水と下処理した魚を入れて調理を開始しました。しかし、思いのほか水と外気温が低いために全く沸騰しません。そこで、はまゆうさんは急きょお湯から作ることに変更。一度仕切り直しとし、スタッフが用意してくれたお湯を岩のくぼみにそそぎ、そこに再び魚を入れて熱した石も投入したところ、ようやく沸騰しました。

小豆島の漁師はまゆう 岩のくぼみに熱した石を投入して、ようやく沸騰!

 さらに、石で焼き目を付けたネギも投入。最後にみそを溶かして味付けしたら完成です!

小豆島の漁師はまゆう 魚やネギを入れて似た後、みそで味付け
小豆島の漁師はまゆう 男鹿市漁師飯の石焼き鍋が完成!

気になる味は……?

 完成した石焼き鍋をおわんによそって実食したはまゆうさん。「汁はめちゃくちゃうまいです!」と感激しながら、しっかり魚のだしも取れているとコメントしました。しかし、魚の火の通りが甘かったそうで、帰宅したら煮付けにするとのことです。

 はまゆうさんは、実際に岩のくぼみで石焼き鍋を作ってみた感想 について「本当に昔の漁師さんこれでやってたのかな……多分桶(で作る人)が多かったと思います」と考えを示しながらも、「こうやって昔の漁師さんが地域は違えどやっていたことを追体験するっていうのは非常に感慨深いというか感じるものがあって、すごい楽しいです! 最高です!」と満足そうに伝えました。

小豆島の漁師はまゆう 完成した漁師飯を実食するはまゆうさん

 動画を視聴した人からは、「男鹿半島の漁師さん達のワイルドな姿が浮かんで最高です!」と再現度の高さに感動する声や、「計り知れない労力と時間…めっちゃ感動しました!!!!」「出来るまでやる精神すばらしい」と最後まで諦めずにチャンレンジし続けたはまゆうさんを称賛する声が届きました。また、「男鹿の人間でーす! 地元の料理を取り上げていただいて大感激です」と地元の伝統的な漁師飯を取り上げてくれたことに喜ぶ声も見られます。

 なお、はまゆうさんは現在運営しているECショップ「はまゆうショップ」で、養殖したのりや開発したポン酢、「サワラの味噌漬けたたきセット」などを販売中。気になる人はあわせてチェックを!

動画提供:YouTubeチャンネル「小豆島の漁師はまゆう」さん

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」