【漫画】散歩中、ノーリードの大型犬3頭に遭遇→愛犬をかばった飼い主が…… 衝撃の展開に「これはダメなやつです」「ショック」(1/7 ページ)

冷静な対処に称賛の声が集まっています。

» 2024年03月29日 19時30分 公開
[藤田まこねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 普段は愛犬「ドベ」と「ノラ」との日々を描いている作者・ヨシモフ郎さんが、殺処分対象になる可能性が高い凶暴な保護犬「茶々」くんを一時的に保護することになり……。その出会いと暮らしを描いた漫画が、X(@yosimofurou)とInstagram(@mofumofufufufufu)で連載中です。当時は土日の2日間だけ預かるつもりが、保護からなんと4カ月以上も一緒に暮らしているのだとか!

 今回は、Xで累計10万4000件以上のいいねを集めた1話4話の続編で、ノーリードの犬にかまれるというトラブルを描いた漫画が再び話題になっています。編集部は、作者のヨシモフ郎さんに話を聞きました。

売れない漫画家と聞こえない犬の話
漫画をまとめて読む

いつものお散歩が恐怖の展開に

 茶々くんがおうちに来て、2週間ほど経過したころのお話です。先住犬のノラくんと、散歩にも慣れてきた茶々くんを連れ、いつものお散歩に出かけたときに悲劇は起こりました。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 いつもどおりのお散歩になるはずでしたが……
売れない漫画家と聞こえない犬の話 嫌な予感がします

 ヨシモフ郎さんたちが散歩コースにある野球用のグラウンドにさしかかると、ゴールデンレトリバーらしき大型犬がたたずんでいることに気付きます。なんとこのとき、大型犬たちはリードにつながれておらず、飼い主が動きを制御できない“ノーリード”状態。ヨシモフ郎さんは「最近大型犬の放し飼いで通報が来ている」という役場の人の言葉を思い出し、嫌な予感がしつつも足早に通り過ぎようとしたのですが……。

フェンスの穴から大型犬が迫る……!

 なんと、フェンスには大型犬が通れるほどの穴が開いており、ヨシモフ郎さん一行を見つけた大型犬がものすごいいきおいで向かってきたのです! 

売れない漫画家と聞こえない犬の話 ノーリードの大型犬が!

 野生の顔つきをした大型犬の様子に、茶々くんたちも怯えています。向かってきた1匹はヨシモフ郎さんに首輪をつかまれてけん制されたことで引き下がりますが、大型犬はまだあと2匹もいて……。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 とっさに茶々くんをかばうヨシモフ郎さん
売れない漫画家と聞こえない犬の話 かまれ、ケガをしてしまいます……

愛犬をかばい、大型犬にかまれてしまったヨシモフ郎さん

 2匹目の大型犬の狙いが茶々くんだと分かったヨシモフ郎さんは、とっさに手を出し茶々くんをかばいました。その瞬間、“かえし”が付いているするどい大型犬の歯がいきおいよく手に食い込みます。愛犬を守る瞬時の判断が素晴らしいですが、描写からも牙がかなり深く食い込んだことがうかがえます。

 その後、やっとヨシモフ郎さんの手を口から放した大型犬。その飼い主はさぞ反省し、焦りながら駆け付けたのかと思いきや……。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 冷静に指示を出すヨシモフ郎さんです
売れない漫画家と聞こえない犬の話 心配するワンコたち……

 なんと、大型犬の飼い主は「かまれたんですか?」とオロオロしながらヨシモフ郎さんにたずねたり、まだノーリード状態で放たれている3匹目を野放しにしたままにしたり……。自分の管理の甘さから家族である愛犬がけが人を出してしまったのにも関わらず、どこか他人事な様子。とても無責任な対応に思えてしまいます。

「狂犬病注射」を打たせた覚えがない飼い主

 気まずそうにしている飼い主と、自分たちが何をしたのか理解していない大型犬たち。その様子を見つつ、ヨシモフ郎さんは冷静に対応します。しかし、ここでさらにヒヤリとする事態が。

 けがを負った部位を飼い主に確認させながら、病院に行く旨を伝えるヨシモフ郎さん。その際、犬と暮らしている人であれば誰もが知っている基本的な事項ではありながら、念のため「狂犬病と混合ワクチンは打っていますか?」と確認をしました。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 信じられない言葉の数々が

 問いに対しての飼い主の回答は「はい……多分」「(証明できるものを)探してみます……」という歯切れの悪いもの。狂犬病ワクチンについては狂犬病予防法に定められており、毎年受けさせることが義務付けられています。飼い主とは思えないまさかの返答に最悪の事態がよぎります。

 後日、狂犬病ワクチンを接種した証明が飼い主より届いたといいますが、混合ワクチンは未接種だったのだとか。混合ワクチンの接種は任意とされていますが、犬同士の感染症や、ヒトに感染するレプトスピラ感染症を予防することができるため、接種する飼い主が多いのだそうです。

飼い主が明かしたもう1つの衝撃事実

 その後、どうしてこのような状況になってしまったのか飼い主と話していると、もう1つの事実が発覚します。それは、大型犬たちが今回のような人身事故を起こしてしまったのが2度目だということ。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 衝撃の事実が発覚
売れない漫画家と聞こえない犬の話 ノラくんと茶々くんの話を始めます

 そしてそれだけではなく、「次に人身事故を起こしたら犬は殺処分だ」と警察から言われているという嘆かわしい事実までが明らかに。そこまで言われていたのにもかかわらず、ずさんな管理でもう1度大型犬たちを加害者にしたのです。この話を聞いて、ヨシモフ郎さんは憤りを隠せませんでした。

もしそうなったら「あなたを許しません」

 ヨシモフ郎さんは元保護犬のノラくん、殺処分から救うために一時的に保護している茶々くんについて、どれだけの人が「この一匹を助けたい」という一心で心を尽くしたかということを話しはじめます。

 そして、けがの治療費の支払いをし、今後放し飼いしないならばそれでいいと寛容な意思を示したうえで、「簡単に『殺処分』と言葉にしないでください」「もしこの一件でその子たちを殺処分したらあなたを許しません」と語気を強めるのでした。飼い主の心に響いていればよいのですが……。

売れない漫画家と聞こえない犬の話 簡単に“その言葉”を口にしないでほしい

 通院が必要になるほどのけがを負ったにもかかわらず、あくまで罪があるのは犬たちではなく、ずさんな管理をした飼い主であると考えたヨシモフ郎さん。自身のその手で犬たちと向き合い、救ってきたからこそ湧き出る感情がそこにはありました。息をのむような緊迫した情景描写、ヨシモフ郎さんの犬たちへの強い愛情がにじみ出る対応は漫画でご覧ください。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」