「2+2=4」と指導しただけで“とんでもない事態”に…… “1200万再生”の海外ショートドラマが考えさせられる(1/3 ページ)

7年前の作品ですが、今でも通じるところがあります。

» 2024年03月26日 19時30分 公開
[きんじょうめぐねとらぼ]

 5年前や10年前……。少し前にインターネット上で話題になった投稿や動画を振り返って紹介する企画「昔のインターネット発掘!」。今回紹介する動画は、教え子に「2+2=4」を指導したことからとんでもないトラブルに巻き込まれてしまう海外ショートドラマです。大波乱の末に秀逸な結末を迎える本作品は、これまでに1200万回以上再生されています。

「2+2=4」と指導しただけなのに……?

 アメリカの映画制作会社、Ideaman Studios(@Ideaman)が2017年に公開した10分弱のショートドラマで、タイトルは「Alternative Math」。このドラマは、2016年頃から使われ始めた言葉「ポスト真実」をテーマにしています。

風刺 ショートムービー 数学 「2+2=22」と答える教え子に「2+2=4」と指導する先生

 数学教師は「2+2=22」と答えた教え子に、“客観的事実”として「2+2=4」が正解だと教えます。しかし生徒は「2+2=22」という主張を譲りません。すると生徒の親は子どもの意見を尊重し、教師が偏った意見を押し付けていると非難。校長まで教師を責め出します。やがてこの問題はデモを引き起こすという“とんでもない事態”へと発展することに……。

風刺 ショートムービー 数学 客観的事実を伝えただけなのに、“デモ”にまで発展……

 客観的事実よりも個人の思想や信念の方が人々に影響を与える「ポスト真実」の社会では、「2+2=4」を唯一の正解だとする教師は過激思想の持ち主だと言われてしまいます。市長や警察長官までもが教師を一方的に責め立て、テレビはセンセーショナルに報道。恐ろしや……。

風刺 ショートムービー 数学 マスコミも大々的に報じます

 ついに教師の解雇が決定すると、校長は記者たちの前で処分内容を通告することに。学校側は最後の給与として2000ドルと追加の2000ドル、合わせて“4000ドル”を支払うと告知したのですが、教師は校長にこう言い放ちます。「いいえ、22000ドルよ」と。

風刺 ショートムービー 数学 教師の解雇が決定。学校側が最後の給与として2000ドルと追加の2000ドル、合わせて4000ドルを支払おうとすると……

 「ポスト真実」の難しさを扱った本作品は2017年の公開ながら、2024年現在も考えさせられる内容です。動画のコメント欄では「エンディング大好き」「コメディじゃなくてホラー映画」「これ作られた時は風刺だったけど、今じゃ現実」などのコメントが寄せられています。

 なお、動画はYouTubeの字幕機能で、日本語字幕にも対応。また、制作したIdeaman Studiosは初の長編映画を作成中とのことです。

画像はIdeaman Studios(@Ideaman)YouTubeチャンネルより引用

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」