「より機械に近くなった」シュワちゃん、粋な言葉でペースメーカー手術を公表 健康状態を赤裸々にさらし「あなたは1人ではない」と鼓舞(1/2 ページ)

手術は成功しイベントにも参加。

» 2024年03月26日 17時28分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 オーストリア出身の俳優“シュワちゃん”ことアーノルド・シュワルツェネッガーが、3月25日に配信されたポッドキャスト「Arnold's Pump Club」で、ペースメーカーを入れたことを公表しました。シュワちゃんはこのように個人的なことを明かすのは、同じような境遇にある人の「助けになることを知っている」からだとその意図を説明しています。

アーノルド・シュワルツェネッガーがペースメーカーを入れたことを公表 過去に受けた手術も公表していたシュワちゃん(画像はアーノルド・シュワルツェネッガーのInstagramから)

以前から心臓の持病を公表しているシュワちゃん

 番組内でシュワちゃんは、「先週の月曜日、私はもう少し“機械”に近づくための手術を受けた。ペースメーカーを入れたんだ」と3月18日に受けた手術について、代表作「ターミネーター」シリーズでの役柄にちなんだジョークを交えながら説明しました。

 そして「このようなことを皆さんにお話しするのは、オーストリアで育った私の考えに反すること」とし、本来身体や健康状態に関する個人的な問題は「全部自分の心の中にしまっておくべき」と考える傾向にあると伝えたシュワちゃん。しかし「私と同じような大動脈二尖弁の人たちから、私が弁置換術について話すことで、自身のものへ向き合う勇気や希望が持てたと、たくさんのメッセージやメールをもらった」と自身の考えを曲げるに至ったいきさつを説明し、「自分の秘密主義的本能に逆らい透明性を持つことが人々の助けになることを知っている」と述べました。

 先天性の心疾患である大動脈二尖弁は、本来3枚ある弁尖が2枚しかない状態。小児では無症状である場合が多く、10代から20代では「大動脈弁逆流」に、高齢になってからは「大動脈弁狭窄(きょうさく)症」を患うリスクが高くなります。シュワちゃんは大動脈二尖弁であることは以前から公表しており、これまで手術を受けたときの様子もSNSなどで公開しています。

 そして「まず第一に、私はとても元気だということを知ってほしい!」と手術の成功を強調したシュワちゃん。18日に手術を受けてから4日後の22日には俳優のジェーン・フォンダと環境問題に関する大きなイベントに参加するほどまで回復したといいます。

 「ところでエクササイズが老化を遅らせる唯一の特効薬だと話すとき、ジェーンを見てほしい。彼女は私より10歳年上で、今年で87歳になる」と友人でありフィットネス仲間だというジェーンの若々しさをたたえ、運動が元気や若さを保つとしました。

母と祖母も同じ病で 医療の進歩と精密検査に感謝

アーノルド・シュワルツェネッガーが心臓病の手術を公表 よりターミネータに近づいた、とシュワちゃん(画像はアーノルド・シュワルツェネッガーのInstagramから)

 さらに医師や看護師の手厚いケアに感謝を述べ、今回の手術に踏み切ったのは、以前の手術によりできた瘢痕組織が心拍を不規則にしていたため医師からアドバイスを受けてのことだと説明。「数年前からそういった状態だったので、医療チームと連絡を取り合い、少なくとも1年に一度は精密検査を受け、心臓の状態を確認した」と日頃から身体を繊細にケアしてきたことを明かしています。

 大動脈二尖弁は遺伝傾向があり、「私の母と、祖母も二尖弁により亡くなった」というシュワちゃんは、当時に比べ医療技術が進歩したことと、自身が熱心に医師と連絡を取り合い、耳を傾けることが「まだここにいる」理由だとしました。

 そして自身が初めて弁置換術を受けたのは1997年で、そのときは「開胸手術が必要だった」と回想。さらに2018年に受けた弁置換術では「もう少し非侵襲的なオプションが利用できるようになっていた」とのこと。しかしこのときはアクシデントにより結局開胸手術となってしまい、その出来事も当時オープンに共有しています。このとき1つの弁しか置換できなかったため、2020年にもう一度手術を受け、はじめて非侵襲的な経カテーテル的大動脈弁置換術が成功したそうです。

早々に復帰を宣言 「100%準備ができている!」

 そしてシュワちゃんは医師の言葉に従い自身の心拍を綿密に管理しながら、3月の初旬に病院から連絡を受け、撮影とのかねあいなどからペースメーカーを入れることになったとのこと。「しばらくジムでの本格的なトレーニングはできないけれど、来月の『FUBAR』には100%準備ができている!」と主演しているNetflixアクションドラマ「FUBAR」シーズン2の撮影は通常通り進められることを伝えました。

 シュワちゃんは、今回共有した事柄は全て「秘密にすることもできる」としながらも、そうしなかったのは同じような問題を抱える人々と支え合うためだと繰り返し強調。「あなたは1人ではないことを知ってほしい。もし、恐怖から何かを先延ばしにしているのであれば、医師の言うことをよく聞き、自分自身をケアするように鼓舞できればと願う」「全て溜め込んだままでは、本当に前向きになることはできないんだ」と、自身がしたように恐れず立ち向かってほしいとたくさんの人へ向け励ましの言葉を送りました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」