電源が入らないケータイを“復活”させて思い出の写真や留守録と「再会」 KDDIが無料イベント「おもいでケータイ再起動」を続ける理由(1/3 ページ)

2024年3月末時点で、全国で400回以上、のべ約1万6000人が体験。

» 2024年04月02日 11時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 電源の入らなくなった携帯電話を無料で「復活」させるKDDIのイベント「おもいでケータイ再起動」。2024年3月に体験者が1万5000人を突破しました。2016年に始まり、8年目を迎えたこのイベントについて、企画経緯や続けてきた理由について同社に尋ねました。

おもいでケータイ再起動 専用の機器で再起動

 「おもいでケータイ再起動」では、長期間使っておらず、電池の過放電で充電できなくなった携帯電話を、専用の機器で充電し再起動。携帯電話の中の見られなくなっていた写真をプリントアウトし、専用フォトフレームに入れて持ち帰ることができます。携帯電話のキャリアやメーカーは問わないとのことです(※スマートフォンは対象外。機種・端末の状態により充電・再起動できない場合もあり。要予約)

おもいでケータイ再起動 保存していた写真を印刷できます

 携帯電話が「復活」したことにより、保存したままの写真やもう会えない家族の留守電メッセージなども再生でき、体験した人からは「忘れていた思いが蘇るとともに、もう一度頑張ろうと思った!」など喜びの声が寄せられたそうです。

 データを取り出した後の携帯電話は、希望があった場合は回収しリサイクル。携帯電話やスマートフォンなどの情報通信端末には、鉄や銅、アルミなど広く使われている金属から、貴金属やレアメタルまで、さまざまな金属資源が使われており、再資源化によって新品材料の使用料や、鉱物資源の採掘・精製時に発生するCO2を抑制できるとしています(循環型社会について)。

おもいでケータイ再起動 会場内の掲示でリサイクルについて説明

 同イベントは2016年7月の「au Style SHINJUKU」での開催を皮切りに、全国のKDDI・沖縄セルラー直営店や全国各地のイベント会場で開催されてきました。参加を求める人が多く短時間で予約枠が埋まるため、2022年以降は東京都内で毎月開かれるようになっています。

 好評を得ている「おもいでケータイ再起動」ですが、開始当初は8年間も続くと予想していたのでしょうか。また、直接売り上げにはつながらない事業を継続している理由は……KDDIブランドマネジメント部に尋ねました。

「諦めたり、困ったりしているお客さんがいる限り、イベントを続ける」

 「おもいでケータイ再起動」が生まれたきっかけは、ケータイ誕生30周年企画として2016年にオープンした、過去発売した携帯電話をまとめたサイト「auケータイ図鑑」でした。

おもいでケータイ再起動 歴代の携帯電話がずらり(auケータイ図鑑より)

 「一般の方々からも使っていたケータイの写真を投稿してもらえるようにしたところ、ケータイはまだ持っているが電源が入らないという声を多数いただき、2016年に新宿で『おもいでケータイ再起動』を初開催しました。以降全国で400回以上開催し、のべ約1万6000人(2024年3月末時点)以上に参加いただいています」(KDDIブランドマネジメント部)

 企画を立ち上げた際のアンケートで、約7割の人が使わなくなった携帯電話を持っていて、うち約5割の方が電源が入らない、または入るかどうか分からないことが明らかになりました。その結果から、充電できなくなった携帯電話に保存されている思い出を見られないとあきらめている人も多いはずと、イベントのニーズを確信したといいます。

 「お客さまにとっても、当社社員にとっても、とても有益な活動だと信じていましたので、まず5年は続けたいと思っていました」(KDDIブランドマネジメント部)

 家庭で眠っている携帯電話が数千台と言われていることから、諦めたり、困ったりしているお客さんがいる限り、イベントを続けて思いを実現したいと考えているとのこと。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」