「葬送のフリーレン」の勇者一行、ネモフィラ畑に現る 名場面にちなんだコスプレが「これを花畑を出す魔法か」と23万いいね(1/3 ページ)

ヒンメルにふんした中国のコスプレイヤーに話を聞きました。

» 2024年04月30日 20時30分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 名物のネモフィラ畑が見ごろを迎えた国営ひたち海浜公園で、「葬送のフリーレン」の勇者パーティが目撃され、X(Twitter)で広く注目を集めています。コスプレで新旧のフリーレン一行が勢ぞろい!

フリーレン ウェディングフォトを撮影するカップルに交じって、伝説のメンバーが……!

きっかけは遠くから撮影されたネモフィラ畑の勇者一行

 話題のきっかけはピザ(@higurashi1012)さんが撮った、一面に広がるネモフィラの向こうに立つフリーレンの後ろ姿。その右手にはヒンメルとハイターの“過去の仲間”、左手にはフェルンとシュタルクの“現在の仲間”が写り、時代を超えたパーティを組んでいます。

 フリーレンが習得した魔法の1つ、「花畑を出す魔法」を思わせるショットは、「その魔法使いのおかげでこの花畑があるんですよね」「ここにも勇者の像が作られるのかな」「アイゼンはどこ?」などと話題に。投稿は拡散されるうちに、コスプレした本人の目に留まることとなりました。

 そうして名乗り出たのが、ヒンメルを担当した菫(@Jim_Sumire)さん。ヒンメルの故郷に咲く花のエピソードにちなんだ撮影をしようと、「蒼月草」に似たネモフィラが有名なひたち海浜公園を訪ねたのだそうです。

 菫さんが自分たちで撮った写真を公開すると、勇者パーティはあらためて話題に。旅の仲間たちが花冠(編注:あらかじめ用意した小道具)をフリーレンにかぶせる、名場面をほうふつとさせるショットは、約3万リポストされ23万のいいねがつくなど、大きな反響を呼びました。ピザさんの投稿には写っていなかったアイゼンも、ちゃんといる!

フリーレン なんと絵になる……
フリーレン ヒンメルのソロ。構図やマントの翻り具合も見事で、原作のワンシーンを切り取ったみたい

 詳細を聞いたところ、菫さんは中国のコスプレイヤーで、フリーレン担当のyeyezzz(@INNOCaaaaaaage)さんとハイター担当のAKWA(@AKWA0424)さん、カメラ担当の六褐さんと橘仔さんは、他作品で知り合ったコスプレ仲間。撮影にあたって募集をかけたところ、フェルン担当のリカリカ(@tsurume_1017)さんとシュタルク担当のハヤシライス(@rinrinrice_044)さんが参加して、パーティが結成されたということです。

フリーレン 撮影を終えてのオフショット

周囲からは温かい声援も

 撮影で苦労したのは、公園への許可申請の確認(※)。中国では基本的に撮影許可の必要がないのだそうで、ゼロから勉強したといいます。電話では言葉を誤って非礼になりかねないからと、コンタクトは主にメールを使用。「おかげさまで日本語がうまくなりました」と、菫さんは語ります。

 撮影中は周囲から「フリーレンだ〜!」と呼ばれたり、一緒に撮りたいと声をかけられたり、温かい目で見てくれるかたが多かったとのこと。知らぬ間に撮られての拡散には困惑したものの、本人からダイレクトメッセージで連絡があり、「真正面からでなければいいかな」ということで落着したそうです。

 ネットでの反響では「アイゼンがいない」との声が印象だったそうで、「最終的に『ちゃんといますよ』と伝えられて良かった」と、菫さん。小柄でコスプレが難しそうな、アイゼンの正体については「秘密です」とのことでしたが、もしかすると、フリーレン担当のyeyezzzさんが投稿したヘッドトルソーの写真に、謎を解く鍵があるかもしれません。

※国営ひたち海浜公園では結婚式の前撮りや少人数でのコスプレ撮影に対して、撮影のルールを守る限りは特別な許可申請は必要ないとしています。

画像提供:ピザ(@higurashi1012)さん/菫(@Jim_Sumire)さん

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評