退化したヒトはなぜまだ服を着ているのか 「猿の惑星」の気になる“不思議”を最新作監督にぶつけてみた 「猿の惑星/キングダム」来日インタビュー(2/2 ページ)

» 2024年05月17日 12時00分 公開
[小西菜穂ねとらぼ]
前のページへ 1|2       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
「猿の惑星/キングダム」 ウェス・ボール監督

最新作をより楽しむには チェックしておきたいシリーズ作品

―― 今後へ向けてさまざまな要素を仕込んでいるというお話でしたけども、反対に現時点で「キングダム」を見るにあたって、もしくは見た後に歴代のシリーズで見ておくとより楽しめると思う作品は?

WB まずは前の三部作、シーザートリロジーです。それに1968年のオリジナル版。いまも全く色あせない名作です。古臭さがあったとしても、映画作品として非の打ちどころがありません。「キングダム」は時代設定的にこの2つのちょうど半ばとなるのでご覧いただくならお勧めです。この作品に込めた、たくさんのオマージュやイスターエッグを見つけてください。

「猿の惑星/キングダム」 三部作視聴者には見覚えのある構図

―― ちなみに監督個人のお気に入りは?

WB 68年版と、シーザートリロジーの2作目「猿の惑星: 新世紀」ですね。

社会に疑問を投げかけながら育ってきたシリーズ

―― 「猿の惑星」シリーズは娯楽要素の強いフランチャイズでありながら、人種問題や、最近ではアニマルウェルフェアといった現実のトピックを描き出す社会派としての側面も持ちます。今回の作品も同様に考えさせるポイントが多々あるように感じましたが、監督ご自身はどんな層へ、どんなメッセージを伝えたいと想定していたかお聞きしたいです。

WB それこそ「猿の惑星」が今日に至るまで続いてきた理由ですね。誰もに訴えかける“何か”がある。SF好きには堪能できるアイデアを。大人や成熟したファンのお眼鏡にもかなうと同時に、子どもたちが純粋に楽しんで興奮できる要素もあるんです。

 若い世代はより広い視点から、ただの娯楽作品以上のものを求める傾向にあります。挑戦的なトピック――例えばあなたが挙げたような動物の権利や、人種といった現実に起きている問題です。すばらしいことだと思います。気候変動であれ戦争であれ、こんにち起きている問題は若い世代が背負っている課題でもありますから。

 この物語は特に、若い登場人物を中心に展開します。彼らがどう世界を変えていくのか、どうやって自分たちの未来を導いていくのか。若い世代のファンには共感してもらえるはずです。ノアは故郷の外を知って、長老たちに疑問を持つようになり、自分の手で世の中を変えていこうとする。人間のメイにしても同じことで、物語の序盤と終盤では違う考えを持つようになる。それが見どころです。

「猿の惑星/キングダム」 現在から300年後という設定

 つまり……欲張りではあるけれども、全ての人に見てもらいたい作品ということですね(笑)。

―― 猿と人だけでなく、劇中に登場する他の動物との描写が興味深いと感じました。知性を得た猿たちは動物を“使う”側になっていて、主人公ノアたちは特に鳥と特別な関係を築いています。

「猿の惑星/キングダム」 鳥と生きるノアたち一族

WB 面白いポイントとしては、ノアたちイーグル族はワシをパートナーとして扱い、ケージに閉じ込めたりつないだりしていないことです。出入りは自由なので、そこは変わらないんじゃないかな。

―― 個人的にはラカというキャラクターが気に入っています。非常に気になる描かれ方をしていましたが……。

「猿の惑星/キングダム」 みんなきっと好きになる、ラカというキャラ

WB でしょうとも! 守護霊みたいな存在で、耳元でみんなに「もっと頑張れ、うまくやれるぞ」とささやいてくれるようなキャラですよ。この先については(日本語で)ノーネタバレ! 楽しみにしていてください。

『猿の惑星/キングダム』(公開中)

監督:ウェス・ボール

出演:オーウェン・ティーグ、フレイヤ・アーラン、ケヴィン・デュランド

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

2024年5月10日(金)全国ロードショー!

ストーリー

人類は野生化し、進化した猿が支配する 300 年後の世界。巨大な帝国を築く独裁者プロキシマス・シーザーによって村と家族を奪われた若き猿ノアは、人間の女性ノヴァと共にプロキシマスの支配に立ち向かうことを決意する。だがノヴァは、猿たちの知らない“秘密”を握っていた...。種を超えたその団結は、狂気の支配を止め、再び共存可能な世界を作ることができるのか。それとも、圧倒的支配に飲み込まれてしまうのか。この世界で生き残るのは一体誰か―。<猿&人間>VS<猿>という新たな衝突の先に待ち受け“衝撃のラスト”とは果たして―。


(C)2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」