美しい……! 切り絵で作った立体的なオナガ レースが重なりあったような繊細な仕上がりにうっとり(1/3 ページ)

ずっと見ていたい……。

» 2024年06月08日 19時30分 公開
[神奈川はなねとらぼ]

 立体切り絵で作ったオナガが、X(Twitter)で注目を集めています。ポストは記事執筆時点で76万件表示を突破、2万6000件を超える“いいね”が寄せられています。

 話題の作品は切り絵を何枚も重ねて立体に仕上げたもの。頭部には黒、胴体にはブルーグレーを採用しており、1枚1枚にレース編みのような繊細なカットとグラデーションが施されています。

 重なり合った切り絵は、隙間から下の色や模様が見えて、ずっと見ていられそうな手の込んだ仕上がり。オナガの特徴である長い尾はピンと伸びています。

立体切り絵のオナガが美しい 立体切り絵のオナガ
立体切り絵のオナガが美しい 違う角度から
立体切り絵のオナガが美しい つぶらな瞳がかわいい
立体切り絵のオナガが美しい 羽が幾重にも重なっています
立体切り絵のオナガが美しい 鳴き声が聞こえてきそう

 この作品を制作したのは、ともだあやの(@unico0c_0)さん。コメント欄には「美しいです」「オナガの色合い、すごく好きです」「手に乗せられるのがまた良いですね」といった声が寄せられています。

 ともださんは女子美術大学立体アート専攻を卒業して、紙や繊維素材で作品を作っています。ねとらぼ編集部では立体切り絵についてお話を伺いました。

―――オナガの製作にはどのくらいの時間がかかりましたか

ともださん 構想に時間を要したので、全体だと6カ月はかかっております。

―――こだわったところを教えてください

ともださん 大きさと重さの感覚が写真からでも伝わるように心がけました。詳しくはまだ言えないのですが、野鳥の知識がある方に見ていただくための作品として着手を始めたので、細部のカーブの感じや実際に制作にあたって観察したときの「意外と大きい」という印象、飛び立つときの重量感などにはこだわりました。

 また技術的な面では、従来の作品よりも写真にしたときにより美しくしたい思いがあったので、中に芯となる針金は通さず、厚紙の強さで形を保たせています。ここの強度面についての調整や今までと違う制作方法のため構想に時間をかけました。

 完成作品は切り絵内側のブルーグレーの色が腹部の切り絵越しに見え光が透けるようになっています。

―――切り絵で立体を表現する上で大変なことは何ですか

ともださん 技法自体が自分で作りあげているいるものなので誰かに教わることができず、代わりに自分なりに進めるため参考にする作品や技術が幅広くありまして、その参考資料を紙に落とし込む過程で強度など素材の違いによる調整が必要になるところが特に大変です。

 特に私は彫刻科を出ているので、参考にする作品が石彫や金属、ジュエリーなどに偏りがちなので、そこのバランスはすごく難しいなと感じます。

―――鳥をモチーフにした作品が多く見られますが、鳥を選ぶ理由をお聞かせください

ともださん 卒業制作の時に作った、つがいのタンチョウがきっかけでした。軽やかな素材とボリュームの出せる技法と、空を飛ぶ生き物の相性の良さを感じ、もともと鳥が好きだったのもありモチーフに選ぶことが多くなっています。

―――Xでの反響について感想を一言お願いします

ともださん 正直制作途中の投稿が5万いいねもいただけることになるとは思っていなくて、しばらく現実感がなかったです。

 完成作品も反響をいただくことができて、SNSならではの制作風景も含めてこの作品を皆さんに楽しんでいただけたことが本当に嬉しいです。ありがとうございます。

画像提供:ともだあやの(@unico0c_0)さん

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」