ハリウッド俳優、生放送中に「ドレスが落っこちちゃった」 司会「大事なところだけ支えてて」→対応にファン称賛&心配の声(1/2 ページ)

本人も視聴者もドキドキ。

» 2024年06月21日 19時58分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(2015年)、「マダム・ウェブ」(2024年)などで主演を務めた俳優のダコタ・ジョンソンが、現地時間6月19日に米トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」へ出演。生放送中にドレスの肩ひもが壊れるというハプニングに見舞われ、その対応に称賛や心配の声が上がっています。

ダコタ・ジョンソン、番組出演中にドレスが壊れるハプニング 「大事なところだけ守って」といわれこの対応(画像はYouTubeから)

「ドレスが落っこちちゃった」

 この日、ダコタは黒のストラップドレスで登場。ショーン・ペンと共演する次回作「Daddio(原題)」の映像が流れたあと、カメラがダコタを捉えると、左肩のストラップを押さえて困惑気味の様子です。

 ホストのジミーが「フックが外れちゃったみたいだね。スコッチテープいる?」と尋ねると、「ドレスが落っこちちゃった」とダコタ。ストラップを何とかつなげようとしますがうまくいかず、しかし、一応ドレスはずり落ちていない状態なので「ちゃんとぶら下がってるみたいだね」とジミーに言われると「持っておく」と気丈に対応しました。

 生放送中のドキドキなハプニングですが、ジミーは何事も起こっていないかのように主演映画の話を進行。観客もドレスのことが気になってしようがないという状況でしたが、映画の話を進めてしまうジミーにスタジオでは笑いが。さらに「大事なところだけ支えてて」とジミーに言われたダコタが胸を両手でがっつりと支えて見せるとさらなる笑いが巻き起こり、「映画はすごく良いの」とプロモーションを続けてみせました。

ネットの反応は?

 ネットでは、ハプニングに見舞われても笑顔でトークを続けたダコタに対して「ダコタは本当に冷静でプロフェッショナル。ショー・マスト・ゴー・オン。彼女が大好き」「本当にスターだね」「彼女は最後までたおやかにやり通した」と、俳優として肝の据わったダコタの対応を称賛する人が続々。

 一方、「何で誰も彼女を助けに出てこないんだよ! ジミーがずっと番組を進行させてるっていうのにスタッフが誰も出てこないなんて」「誰かやってきて安全ピンで止めてあげればいいのに!」「ジミー、何で助けてあげないんだ」と、スタッフやジミーが助けないことに心配や怒りの声も寄せられました。

ダコタ・ジョンソン、番組出演中にドレスが壊れるハプニング どうしても気になってしまう……(画像はYouTubeから)

 ハリウッドでも指折りの芸能一家に生まれ育ったダコタは、ドラマシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」「刑事ナッシュ・ブリッジス」などで人気を博した俳優ドン・ジョンソンを父に持ち、映画「ワーキング・ガール」(1988年)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされゴールデン・グローブ賞主演女優賞に輝いたメラニー・グリフィスを母に持つサラブレッド。母方の祖母はアルフレッド・ヒッチコック監督の「鳥」(1963年)に主演したティッピ・ヘドレン、祖父は元子役のピーター・グリフィス、1996年から2015年まで母メラニーが結婚していた俳優アントニオ・バンデラスが義父という、ハリウッドとは切っても切り離せない家庭環境で育ちました。

 また、近年何かと話題になる、2世セレブが優遇され本当に実力がある人が表舞台に出てこられないとする「ネポベイビー」論争でも標的となった一人。本人は全く気にする様子はなく、論争を「信じられないほどウザくて退屈」と一蹴していました。今回の対応は、そんなコメントも納得というような、ダコタの強靭(きょうじん)なメンタルが垣間見えるハプニングでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  6. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news173.jpg 「画期的!」「すげえ」 テレ東が特番放送→新聞の番組表に描かれた“まさかのデザイン”に驚き
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  10. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」