最近増えてる生搾りオレンジジュースの自動販売機って? 工夫やオレンジ不足への対応を聞いた(1/2 ページ)

シンガポールから日本上陸。オレンジ4個を絞ったジュースを1杯350円で販売しています。

» 2024年06月29日 08時30分 公開
[林美由紀ねとらぼ]

 飲み物以外にもお菓子やお肉などの食品からおもちゃや日用品など、さまざまなものが買える自動販売機。その中で最近、生搾りオレンジジュース自動販売機が急速に設置を増やしています。駅や商業施設で見かけたという人もいるのではないでしょうか。オレンジ不足も報じられる中で伸びている生搾りオレンジジュース自販機、その工夫などについて聞きました。

生絞りオレンジ自販機IJOOZ01 生絞りオレンジジュース自販機「IJOOZ」

シンガポール発の自販機

 生絞りオレンジジュース自販機「IJOOZ」はシンガポールのIoTテクノロジー企業・IJOOZ社が製造。2023年4月に日本に初上陸し、IJOOZ Japan(@ijooz_jp)が国内で設置・運営を行っています。現在は、16都府県で約500台が設置されています。

生絞りオレンジ自販機IJOOZ03 オレンジ4個分が1杯に
生絞りオレンジ自販機IJOOZ02 280mlで350円

 自動販売機内でオレンジまるまる4個を生搾りし、水や砂糖も不使用。添加物も一切不使用で、オレンジのおいしさを存分に味わえるといいます。 280mlで350円とお手頃な価格です。

生絞りオレンジ自販機IJOOZ04 福岡をはじめ九州エリアにも展開予定

 この5月には福岡県のイオンショッパーズ福岡店屋外渡辺北通り沿いで稼働が開始し、今後、九州エリアでも展開が進められていく予定。SNSでは、実際に飲んだ人たちからの「めちゃくちゃおいしい」「リピートしたい」などの反響が集まっています。

 生絞りオレンジジュース自販機「IJOOZ」について、IJOOZ株式会社マーケティングチームの担当にお話を聞きました。

なぜオレンジなのか

――さまざまな素材の中でなぜ「オレンジジュース」を選んだのでしょうか。また、どんなオレンジを使っているのでしょうか

IJOOZ:オレンジジュースは果実飲料生産量トップクラスの人気のあるジュースであり、生絞りジュースのおいしさが受け入れられると判断しました。

 オレンジは、弊社基準を満たすアメリカ・オーストラリア産のオレンジを契約農家から直接仕入れています。多い日で1日約12万個のオレンジを自動販売機で消費しています。

――生搾り自販機の日本上陸の理由を教えてください

IJOOZ:世界的に見ても「自販機大国」である日本は治安も含め非常にポテンシャルが高く、まだまだ需要があると判断し、コロナが一段落した2023年4月に進出しました。

――生絞り自動販売機そのもののに対する工夫やこだわりを教えてください

IJOOZ:創設者はエンジニア出身で、グローバル企業でさまざまな技術ノウハウを習得してきました。例えば、リアルタイムのオレンジの残数やカップの数などを管理しており、ビッグデータにより、売れ行きの予想や欠品となる見込みの時間も把握しています。また、オペレーションスタッフがどの自販機で補充・メンテナンス作業を行っているのかなども把握できます。

――自販機を不織布ですっぽり覆った補充の様子がSNSで話題になっていましたが、メンテナンスにあたって気をつけていることはありますか?

IJOOZ:異物が入らないように蚊帳を使用したりしています。

――どんな人が買っていて、どんな場所でよく売れているのでしょうか

IJOOZ:10代〜70代までの幅広い方にご購入いただいています。女性、学生、ファミリー連れが多い印象です。駅構内や商業施設は販売数が多いです。

オレンジ不足への対応は

――世界的なオレンジ不足が報じられていますが、どのように対応していますか

IJOOZ:オレンジ不足へは、自社で開発・製造した機械を使用していること、契約農家を持っていること、SDGsの観点から不ぞろいなオレンジや外皮に傷のあるものも使用していること、AIoT(モノの人工知能)に基づいた管理システムで、オペレーションを最適化していることで対応しています。

 また、今のところオレンジの供給に直接的な影響はなく、価格を変更する予定はございません。シンガポールでは、7年以上2ドルの価格を維持しております(観光地を除く)。オレンジ高騰については、消費者の注目がオレンジジュースに集まっており、追い風ととらえています。価格高騰なのにオレンジ4個を使用して350円は安いというお声も多くいただくようになりました。

――今後の展開についてお聞かせください

IJOOZ:今後、関東、関西、東海、九州エリアを中心に、生搾りオレンジジュース自動販売機の展開を加速していく予定です。今話題の次世代自動販売機をぜひ一度お試しください!


 オレンジジュースはスーパーやコンビニなどでも手軽に購入できますが、4つのオレンジを使った絞りたてのジュースが飲めるのはぜいたくな体験ではないでしょうか。自販機では搾っている様子も見られ、SNSに動画をアップしている人も少なくありません。そんなエンタメ性も人気の要因なのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」