“死んでも床に物を置く”家族の汚部屋を徹底掃除→翌朝の光景にママ「えっ…」 ショックでぼう然とする結末に「オチが驚愕」「一晩で何が」(1/2 ページ)

時空超えた……!?

» 2024年07月05日 20時00分 公開
[兎耳山明依ねとらぼ]

 死んでも床に物を置く家族の汚部屋、ママが徹底的に片付けをしたら……? まさかの悲劇が、YouTubeチャンネル「こじらせ主婦アキの整わない暮らし。」に投稿されました。記事執筆時点で動画は11万回以上再生されています。

【ルームツアー】汚部屋に疲れました。。もうどうにでもなれ。

ママ「汚部屋に疲れました」

 動画を投稿したのは、3人の子どもを育てる主婦・アキ(@totonowanai_aki)さん。コスパ重視で建てられたマイホームをDIYと片付けで変えるため、日々奮闘中です。しかし、家族はみんなズボラで床にどんどん物を置いていくとのこと……。

汚部屋に疲れたママが大掃除 1階の和室

 その結果、1階の和室は頻繁に雪崩が起きる危険地帯になり、リビングも散らかりカオス状態……。なぜか立派なダンボールハウスが建てられ、中には6歳次女の姿がありました。さらに、リフォームしたてのキッチンもノンリセットで食器が溢れかえっています。

 また玄関や階段も物で溢れかえり、子どもたちの部屋も荒れ放題です。これではアキさんが目指すスッキリ整ったマイホームとは程遠いため、早速片付けを開始!

汚部屋に疲れたママが大掃除 玄関もこの有様……
汚部屋に疲れたママが大掃除 まずはリビングから

片付け開始!

 まずは、リビングにある4LDDKのD(ダンボール)を撤去します。次に、クイックルワイパーで床に散らばった物をかき集め、捨てるものとしまうものを分類。だいたいキレイになったら、残りはアキさんの右腕だというロボット掃除機のボッチに任せます。

汚部屋に疲れたママが大掃除 ミーレで一気に食器を片付ける
汚部屋に疲れたママが大掃除 ミステリースポットを整理

 続いて片付けるのは、ノンリセットのまま放置されていたキッチン。今までは手洗いをしていたそうですが、少し前に大容量の食洗機「ミーレ」を設置。これさえあれば食器洗いは爆速で片付くかと思いきや……なんと容量オーバー! 残りは手洗いで片付けました。

 キッチンが終わったら、今度はいくら片付けても必ず物が湧いて出てくるという冷蔵庫の隣、通称“ミステリースポット”を整理していきます。その後、廊下や玄関周りもキレイに片付けました。

汚部屋に疲れたママが大掃除 続いて女子部屋
汚部屋に疲れたママが大掃除 取捨選択は自分で!

 次は、2階に上がりもともと“ゆめかわいい”部屋だったという女子部屋の掃除を開始。床に散乱した物をある程度仕分けしたら、本人を呼び取捨選択を自分でやらせます。

 正直アキさん一人でやったほうが早くて効率も良いのですが、片付けは子どもたちにとって必要なこと。時間がかかるとはいえ、子どもたちと一緒に片付けていきます。

汚部屋に疲れたママが大掃除 洗濯物の仕分け

 そして最後は、雪崩が起きる危険地帯と化した和室へ。ここには山積みになった大量の洗濯物が待ち構えていました。これをアキさんは一枚一枚仕分けし……畳まずどんどん袋に入れていきます。

 というのも、週末ビフォーアフターの古堅先生が言った「洗濯物なんて畳まなくていいのよ」という言葉に心を救われ、子どもの洗濯物を畳むのをやめたとのこと。畳んだほうがいいのは分かっているけれど、家事に追われる日々のイライラを少しでもおさえるほうが先決だったそうです。

汚部屋に疲れたママが大掃除 もう洗濯物は畳まない!

片付けが終了、しかし……

 こうして延べ3日に渡る部屋の片付けが終了! とてもキレイになりすっきりしましたが、翌朝になると……そこには時間が巻き戻ってしまったかのような光景が広がっていました。どれだけ片付けても一夜で元通りになる部屋を見て、ソファに倒れこむアキさん。部屋が整って上機嫌になるには、まだまだ時間がかかりそうです……。

 コメント欄には「ラストで爆笑しました」「私も頑張って片付けします」「最後のオチが驚愕」「翌朝に散らかるのは辛い」「思わず声を出して笑っちゃいました」といった声が寄せられています。

汚部屋が元通り うそだろ……

 アキさんはメインのYouTubeチャンネル「こじらせハウスお片付け隊+DIY」で、庭に植えて後悔したという“悪魔の木”を伐採する様子が以前も話題となりました(関連記事)。そんなアキさんの奮闘の記録は、YouTubeチャンネル「こじらせハウスお片付け隊+DIY」とサブチャンネル「こじらせ主婦アキの整わない暮らし。」で公開中です。

#14【1F廊下DIY完結編】汚いと言われて意地と見栄の廊下DIY!
#28【DIY総集編】さらば汚キッチン。全出しから始まる、半年間の戦いの全て。
#33【整地・ステップDIY】親方家出!?の大バトル。一生分かり合えない夫婦!!

画像提供:「こじらせ主婦アキの整わない暮らし。」さん

オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」