ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝(1/2 ページ)

何が起こっているか分からなくなりそうな階段。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 頭の良し悪しにかかわらず脳がだまされてしまう“錯視”(関連記事)の独創的な表現を決定する「ベスト・イリュージョン・オブ・ザ・イヤー・コンテスト」にて、「シュレーダーの階段」の動画が選ばれました。

錯視オブザイヤーとなった「立体版シュレーダー階段図形」
階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 (画像はYouTubeより)

 優勝したのは、明治大学で「錯覚/錯視」を研究する杉原厚吉さんが手掛けた「立体版シュレーダー階段図形」。杉原さんは過去にも優勝経験があり、上位入賞の常連。今回優勝した作品では、図を上下反転すると階段の最上段が一番下に逆転して見えるという、150年以上前から知られている「シュレーダーの階段図形」を立体で表現しました。

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 (画像はYouTubeより)

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 180度回転しても見た目はそのまま(画像はYouTubeより)

 動画では錯視を分かりやすく体験できるように、目印となるコーンを「最上段」に設置。2次元の図を見るだけでも不思議ですが、立体にすることで、ますます理解不能な世界に引き込まれた気分を味わえます。

 180度回転すると、一番上の段にあったはずのコーンはいつのまにか階段の一番低い位置に。移動するはずのないコーンが、テーブル回転中に階段の下に動かされたように見えるのでふしぎです。

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 コーンを一番上に置きます(画像はYouTubeより)

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 コーンの位置が……?(画像はYouTubeより)

階段を上ったはずが降りていた 錯視オブザイヤー2020は日本人制作の「シュレーダーの階段」が優勝 触れていないのに階段の下に移動してしまった(画像はYouTubeより)

 錯視オブザイヤーの2位は物体が鏡をすりぬけたように見える「The Real Thing(実物)」。3位は表と裏がわからなくなる、不思議な質感の文字「Impossible grid typography(あり得ない格子状のタイポグラフィー)」となりました。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る