ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「エヴァ」二次創作に関するガイドライン公開 「ポルノ表現そのものを目的としたものは控えて」

ガイドラインの範囲内で創作物を公開できます。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 カラーは12月28日、「エヴァンゲリオン」シリーズのファン創作物の公開に関するガイドラインを発表しました。控えてほしい事項として「ポルノ表現そのものを目的としたもの」「過度に暴力的・グロテスクなもの」といった項目が設けられています。

※初出時、ガイドラインで「控えてください」としている事項に対し、厳格な禁止事項であるかのように誤解を与える表現だったため、記事を一部修正しました。お詫びして訂正いたします(12月28日14時10分)/記事の見出しをより本文に即した形に修正しました(12月28日19時40分)

※カラーからガイドラインに関する補足文が公開されました。そちらは別記事にて紹介しています(12月30日18時55分)


 同ガイドラインは「エヴァ」二次創作物の無償公開についてルールを設けたもの(商用利用の場合は個別に使用許諾が必要)。ガイドラインの範囲内において、動画・静止画・小説をSNSや各種投稿サービスに公開できるとしています。

 「公開は控えてください」として定められた事項は以下の通り。特に影響力が大きいと考えられる項目は「ポルノ表現そのものを目的としたもの」。

  • 本作品、または他者の気持ちや名誉、考え方などを傷つける目的のもの
  • 特定の政治・宗教・信条を過度に推す、または貶めるもの
  • 過度に暴力的・グロテスクなもの
  • ポルノ表現そのものを目的としたもの
  • その他反社会的な表現のもの
  • 他者の権利を侵害しているもの
  • 公式作品と誤認される可能性のある様態のもの

 また、公式作品の一部を素材として利用した投稿についても言及。動画・音楽・音声は基本的に利用できず、静止画や文章は「引用の範囲」での利用に留めるよう求めています。

 なお、ページの最後には「※現在、ファンアートの販売・製品化に関するルールについても検討しています。 続報をお待ち下さい」の記載があり、いわゆる“同人誌”の販売等については別途ルールが設けられる可能性があります。


「シン・エヴァンゲリオン」新キービジュアル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る