ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

駅すぱあと、東京オリンピック期間中の臨時列車・臨時ダイヤに対応

有観客の宮城、静岡会場で臨時列車が出ます。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」が、東京2020オリンピック競技大会(東京オリンピック)開催期間における鉄道各社の臨時ダイヤに対応しました。

駅すぱあと 臨時列車経路
臨時列車の経路例(画像:ヴァル研究所)

 大会期間中、有観客で行う宮城スタジアム(宮城県利府町)、伊豆MTBコース(静岡県伊豆市)、富士スピードウェイ(静岡県小山町)に併せて、JR東日本とJR東海が臨時列車を運行予定。同サービスでもこれらの臨時ダイヤに対応した経路検索を可能にします。

 なお、鉄道の臨時列車や終電時間を延長する措置は東京圏も予定されていました(関連記事)が、無観客試合の決定により実施は見送られました。


臨時列車運行路線
観客ありの会場で運行予定の臨時列車(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会Webサイトより)
仙台 臨時列車
宮城スタジアムでの試合開催日は東北本線、仙石線などで臨時列車が運行される
仙台 臨時列車
(参考)仙石線の臨時列車
仙台 臨時列車
(参考)仙台駅から各方面への深夜臨時列車

大泉勝彦



photo
(参考:東京圏の臨時列車等も予定されていたが、無観客開催が決定したため実施なし)東京五輪期間中の「終電延長/臨時増車」、札幌や仙台などの東京圏以外でも実施

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る