ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」(1/2 ページ)

20匹以上の犬猫たちと生活する坂上さん。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
advertisement

 タレントの坂上忍さんが1月25日にYouTubeを更新。坂上家の“長男”・佐藤ツトムが11歳で虹の橋を渡ったことを報告しています。

坂上忍と“長男”・佐藤ツトムの2ショット
佐藤ツトムとの2ショット(画像はYouTubeから)

 憔悴(しょうすい)しきった表情で動画に登場した坂上さん。涙で目を潤ませながら、ツトムが以前から患っていたクッシング症候群の合併症で旅立ったことを告げ、「僕にとっては始まりの子なので、だいぶ参ってしまいました」「ちょっと堪えました」と心に負った深いダメージを赤裸々に明かしました。

 ツトムは病でだいぶ衰弱しており、「去年はほぼほぼ介護の日々だった」とのこと。大事な家族の死を公表することに抵抗感はあったものの、生前、多くの人にかわいがってもらった関係上、自身がつらくとも「お伝えするのが筋」だろうと考えたといいます。

 千葉県にある自宅で20匹以上の犬や猫と暮らす坂上さん。他にも10歳を超える子たちが多くいるため、相次ぐ介護を覚悟しているといい、「人間の寿命よりは全然短いので1日1日楽しんでくれたらと思っている」「いつ何が起こるのか分からないので、日々彼らの様子を見ながらできる限りのことをしたいと思います」とコメント。

坂上忍宅に来た当時の佐藤ツトム
坂上家に来たばかりの佐藤ツトム(画像はYouTubeから)

 最後にはツトムへ、「『本当にありがとうございました』以外ない」「教わったことを今いる子たちに還元できたら」と言葉少なに語っていました。

 坂上さんは芸能界きっての動物愛護家として知られており、自腹購入した4500坪もの広大な土地に動物たちの保護ハウスを建設する計画を「最後の大仕事だと思っている」と断言(関連記事)。また、8年間続けてきた「バイキングMORE」MCを2022年3月末で辞めるとした際、動物の保護活動を降板の理由に挙げていました。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る