ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

SOD、“出演者の夢を応援する”音楽レーベル「SOD records」設立 第1弾リリースは元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉(1/2 ページ)

楽曲の配信日は、小湊さんのSODデビュー作と同じ6月27日。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
advertisement

 アダルトエンターテインメントの雄、ソフト・オン・デマンド(SOD)が6月17日、音楽業界に進出するとともに新レーベル「SOD records」の設立を発表。元ダンス&ボーカルグループのメンバーとして活動していた小湊よつ葉(こみなと よつは)さんを第1弾アーティストとして迎えています。

「SOD records」ロゴ
「SOD records」ロゴ

 SODといえば過去に、セクシー女優と飲める大人のテーマパーク「SOD LAND」を新宿歌舞伎町にオープンしたり、「SOD女子社員酒場」をボートレース江戸川に出張営業させたりと、「アダルトコンテンツ流通業」の枠にとどまらない活動を繰り広げてきたことで有名。

 今回のレーベル設立の目的について、“すべての出演者・表現者の夢を応援し、活動の幅を広げること”を挙げており、音楽関連サービスの提供のみならず、音楽イベントやライブ、コンサート開催も視野に入れているとしています。

 「SOD records」第1弾アーティストとなった小湊さんは、2011年からダンス&ボーカルグループ「フェアリーズ」の井上理香子として活動。2020年にグループを脱退後、芸能界を引退していましたが、2022年3月に小湊よつ葉として再デビューを果たしました。

「SOD records」第1弾アーティストの小湊よつ葉
「SOD records」第1弾アーティストとなった小湊よつ葉さん

 芸能活動復帰後の6月1日、SODstarとしてデビューすることが明らかになると、自身のYouTubeでいきさつを説明。デビューにいたった理由については「たくさんあって語りきれない」とコメントする一方、「自分で言うのもなんなんですけどすごい見応えのある作品になっている」と初めてとなる出演作品をアピールしていました。

 小湊さんのデビュー楽曲「明日はときめく」は、SODstarとしてのデビュー作と同じ6月27日に、各種サブスクリプションサービスを通じて配信。さわやかでどこか懐かしいバンドサウンドが特徴の「新たなスタートに対する希望をありのままの気持ちで歌った楽曲」「彼女の「決断」という重みも感じられる楽曲」に仕上がったといい、今後は毎月楽曲をリリースする予定もあるとのことです。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る