メディア

【今月作ったプラモ晒そうぜ】2021年1月の月間ランキング 「ケンプファーとガーベラテトラ」「ゾイドのようなガンプラ?」などミキシング作品が人気!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 月末月初にTwitterで大きな盛り上がりを見せているハッシュタグ「#今月作ったプラモ晒そうぜ」。1月も数多くの作品が投稿されており、2021年も見逃せないハッシュタグの1つとなりそうです。

 今回の記事では、2021年1月にハッシュタグ「#今月作ったプラモ晒そうぜ」をつけて投稿されたツイートから、注目のツイートをいくつか紹介していきます!

123RFより

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

合体したケンプファーとガーベラテトラ

 最初に紹介するのは、ケンプファーとガーベラテトラのミキシング。人気の機体同士が自然に組み合わさっていて、オリジナルのカラーリングもイイ感じですね。

 リプライでは「ケンプファーとガーベラテトラ、相性がよくてカッコいい!」「カラーリングがクールで、機体のカッコよさが際立っている」といった声が寄せられていました。

advertisement

MSからゾイドへ……?

 続いて紹介するのは、ミキシングビルドされた3体の機体を投稿したツイート。みなさんはそれぞれどんなキットを使っているか、わかりますか? 1枚目はよく見ると面影が。2枚目はジャンクパーツを使用した作品。3体目は、ゾイドのデスレックス……?

 リプライから投稿者のツイートを見てみると、1枚目はガンキャノンを2体使用。2枚目はブレイズザクファントムと「コードギアス 反逆のルルーシュ」のランスロットのジャンクパーツを使用。そして、3枚目はなんと、5体の「ガンダムアーティファクト」を合体させた作品とのことでした。ガンダムアーティファクトは、約50ものパーツで構成された精密モデルです。

 リプライのコメントでは「そうはならんだろ」「ちょっと何言ってるかわからない」といった誉め言葉(?)が相次いで寄せられていました。

advertisement

“未完成の決戦兵器”RG ジオング

 最後に紹介するのは、2020年に発表されて話題となったガンプラ「RG ジオング」。抑えめのカラーリングが渋くてかっこよく、ほどよいウェザリングも良い味を出していますね!

 リプライでは「どこに行っても売っていないのでうらやましい」「灰色系でまとまったカラーリングから、未完成の決戦兵器感があってカッコいい」といった声が寄せられていました。

 次ページでは、1月にハッシュタグ「#今月作ったプラモ晒そうぜ」をつけて投稿されたツイートの、RTランキング(2月1日11時ごろ集計)を紹介していきます!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.