メディア

今も続く「格ゲー初心者はシステムを理解するべきか」議論を分析 初心者擁護意見は66.9%

「初心者お断りのハードル」の話だったはずが……。

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

「初心者お断りのハードル」の話だったはずが……。

 ライトノベル「剣脚商売」シリーズを手掛ける一石楠耳(@isikusu)さんのツイートをきっかけに、対戦格闘ゲームの「初心者お断りのハードル」について議論が紛糾しています(関連記事)。

今なお議論が続く
期間:2018/10/25~2018/10/31

 議論の発端は一石さんの26日に投稿された「格闘ゲームでは、勝敗を気にする前にシステムを理解するべきではないか」という趣旨のツイートでしたが、現在では「現在の格闘ゲームは複雑化しているのか」「初心者が上達しやすい環境は整っているのか」などその議論は多岐にわたっています。一連の論争は現在も収束していませんが、現時点でTwitter上の反応をまとめてみました(10月31日までの反応を集計)。

advertisement

ツイート数推移

間:2018/10/25~2018/10/31

 ツイート数は発端となった一石さんのツイートが投稿されたタイミングで大きな盛り上がりをみせており、その後緩やかに低下。しかし、複数メディア(ねとらぼ含む)がこの話題を取り上げた影響か29日には再度ツイート数が増加し、10月31日時点でもツイートされ続けていたようです。

advertisement

注目ツイート

 注目されているツイートでは、初心者の目線から見たツイートだけでなく、「結局は楽しいというモチベーションが必要」「学習コストが高いのでは」「講習会を行うゲーセンがある」など、問題の解決方法を探ろうとするツイートが注目を集めたようです。

advertisement

初心者擁護のツイート

advertisement

「初心者も勉強すべき」という意見も

advertisement

反応している年齢層は

 反応している年齢層は20代以下が半数以上を占める結果に。その後、30代が約3割、40代以降はいずれも1割を切る形になっています。90年代前半の格闘ゲーム黄金時代をリアルタイムで体感していない世代も含め、主に熱心にゲームをプレイしているであろう若い世代で議論されているテーマのようです。

advertisement

まとめ

 発端となったツイートから約一週間、広い範囲で話題となった「格ゲー初心者議論」。簡単に結論が出せるものではありませんが、冬の時代を乗り越え、その競技性があらためて注目され始めた格闘ゲームだからこそ盛り上がりをみせたのかもしれません。

 なお、都道府県別の反応を分析してみたところ、一連の話題はなぜか群馬で大きな盛り上がりをみせていたようです。理由は全くの不明ですが、もしや群馬は格闘ゲームへの意識が高い県だった……?

期間:2018/10/25~2018/10/31

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.