メディア

【首都圏の新築分譲マンション】満足度ランキングTOP10 1位は「野村不動産」に決定【最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 顧客満足度を調査するoriconME(東京都港区)は、新築分譲マンションについての満足度調査を実施、発表しました。人生最大の買い物とも言われる住まい、どの会社を選ぶかは重要です。一体どの企業がトップになったのでしょうか? 消費者に調査した様々な項目を統合したランキング、中でも首都圏の結果を紹介します。

advertisement

第3位:三井不動産レジデンシャル

 第3位は三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)でした。

  oriconMEによると、調査した評価項目別に見たところ「引渡し時の住宅確認」で1位になりました。また家族構成別では「DINKs(共働きで子どもを持たない夫婦)」で1位となりました。
 

三井不動産レジデンシャル公式サイトより引用
advertisement

第2位:三菱地所レジデンス

 第2位は三菱地所レジデンスでした。

 oriconMEによると、前年調査時には総合6位でした。大幅にランクアップした形になります。三菱地所グループの中核企業という知名度・信頼性も寄与したとみられます。
 

三菱地所レジデンス公式サイトより引用
advertisement

第1位:野村不動産

 そして第1位は野村不動産でした。

 oriconMEによると3年連続のトップ。全11ある評価項目のうち、「マンションの構造・設計」「金額の納得感」「アフターフォロー」など6項目で1位に輝きました。男女両方の部門別でもトップなど今回も強さを発揮した形です。

野村不動産公式サイトより引用

 ランキング10位~1位の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.