メディア

【フルサイズミラーレス一眼カメラ】あなたが1番好きなメーカーはどこ? 【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 それまでカメラの主流であった一眼レフから反射鏡を取り除いたことで小型軽量化を実現したミラーレス一眼デジタルカメラ。2020年には、世界市場で一眼レフ機の出荷台数をついに逆転したそうです。

 名実ともに主流となったミラーレス一眼ですが、その撮像素子はAPS-Cサイズや、オリンパスやパナソニックなどが採用するマイクロフォーサーズ規格といった大きさが長らく一般的でした。しかし、2013年にソニーが世界初となるフルサイズ(35mm版)のミラーレス一眼「α7」を発売して以降、フルサイズ機を発売するメーカーも次第に増えてきました。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな“フルサイズミラーレス一眼カメラ”のメーカーはどこ?」というアンケートを実施します。あなたが「フルサイズ機を使うならこれ!」というメーカーをぜひ教えてください。

 それでは、主なフルサイズミラーレス一眼カメラを発売しているメーカーを紹介していきます。

画像はパナソニック公式サイトより引用

ソニー(FEマウント)

 世界で初めて35mmフルサイズの映像素子を搭載したミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズを発売したソニー。同シリーズの成功により、ソニーは日本の主要なカメラメーカーとしても大きく飛躍したと言えます。

 ラインアップは、スタンダードな「α7」のほか、高解像に特化した「α7R」、動画撮影に特化した「α7S」、小型・軽量な「α7C」、連射性能に長けた「α9」の各シリーズに加え、フラグシップ機となる「α1」の発売が発表されました。

画像はSONY公式サイトより引用
advertisement

キヤノン(RFマウント)

 日本のカメラ業界でトップシェアを誇るキヤノンは、2018年に同社初となる35mmフルサイズのミラーレス一眼カメラ「Cannon EOS R」を発売しました。イメージングシステムには「EOS Rシステム」を搭載し、同時に新開発された「RFマウント」を採用しています。

 現在は「EOS R」に加え、最上位機種となる「EOS R5」、低価格版の「EOS R6」、天体撮影用の「EOS Ra」、小型・軽量のミドルクラス「EOS RP」を発売しています。

画像はキヤノン公式サイトより引用
advertisement

ニコン(Zマウント)

 長年キヤノンとともにカメラ業界の二大巨頭とうたわれてきた老舗であるニコンも、同じく2018年に同社初となるFXフォーマット(35mmフルサイズ)のミラーレス一眼カメラ「Nikon Z7」を発売。同時にレンズマウントには新たに開発した「Zマウント」を採用しています。

 現在は高解像モデルである「Z7」に加え、その最新型である「Z 7II」、高感度性能と連射性能に優れた「Z6」と最新型の「Z6II」、普及機である「Z5」がラインアップされています。

画像はニコン公式サイトより引用
advertisement

パナソニック(Lマウント)

 ミラーレス一眼としてはオリンパスと共同開発したマイクロフォーサーズシステムを採用した機種で知られるパナソニックは、2019年に同社初となる35mmフルサイズのミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-S1」を発売しました。レンズマウントには、同じくフルサイズミラーレス機を発売するシグマやライカと共通の「ライカLマウント」が採用されています。

 ラインアップは「DC-S1」に加え、高解像モデルの「DC-S1R」、小型・計量モデル「DC-S5」、そしてハイクオリティーな動画撮影性能を持つ「DC-S1H」が発売されています。

画像はパナソニック公式サイトより引用
advertisement

まとめ

 ここまで、フルサイズのミラーレス一眼カメラを発売する主なメーカー4社を紹介してきました。さらに選択肢には、パナソニックと同じく「Lマウント」を採用したフルサイズ機を発売する「ライカ」および「シグマ」も加えています。

 あなたが一番好きな「フルサイズのミラーレス一眼カメラ」を発売するメーカーはどこでしょうか? アンケートへのご協力、ぜひとよろしくお願いします!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.