メディア

謎の単語「ハッシュドタグ」が突如Twitterトレンド入り 真相を知ったTLが爆笑の渦に包まれる

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月12日の17時ごろ、突如Twitterで「ハッシュドタグ」が話題となりました。話題の発端となったのは、元プロレスラーの長州力さんが投稿したツイート。

 長州力さんは「少しづつですが親切な人達に教えてもらいながらTwitterの機能を勉強してます」と、自身がTwitterの使い方を勉強している最中であることを明かします。

 しかし、その後に続いたのは「まずはハッシュドタグ」「井長州力」というテキスト。 料理のハッシュドビーフなどを思い起こさせる「ハッシュド」に、いわゆるハッシュ記号「#」とは異なる井戸の「井」の字の合わせ技が、 Twitter上で爆発的な話題となりました。

投稿から間もなくしてTwitterトレンド入り

 長州力さんのツイートが投稿されたのは3月12日の17時42分。ツイートはまたたく間に拡散され、投稿から10分でTwitterトレンド入りを果たしました。12日20時時点では、13万に迫る「いいね」を集めています。

advertisement

「可愛すぎてころげる」愛くるしくなる人が続出

 長州力さんは2019年12月にTwitterアカウントを開設。投稿されるツイートは“斬新な内容で面白い”として、何度もネットで話題となっています。

 今回の投稿においても、「外にいるのに爆笑してしまった! かわいい」「ハッシュドタグが可愛すぎてころげる」など、その天然っぷりに可愛らしさを感じるという人が後を絶ちませんでした。

advertisement

2段階で攻めてくる笑いに「ずるい」の声

 にこやかな絵文字とともに繰り出された「まずはハッシュドタグ」だけでも笑いを誘いますが、その後に続く「井長州力」というハッシュタグの使い間違い(ハッシュドタグとしての使い方は合っているのかも?)で笑いをこらえきれなかったという声も目立ちました。

  「もうハッシュドタグの段階でじわるのに、最後ずるいでしょ」「ハッシュドタグの時点で微笑んでしまうし、オチも完璧でずるいかわいいすき」など、2段階で笑いを誘ってくることに、思わず「ずるい!」と口にしてしまう人が続出しています。

調査概要

調査期間2020年3月12日
調査対象Twitter
調査件数2731 件(10%サンプリング)
調査キーワードハッシュドタグ
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

関連人物

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.