メディア

トレンド入りした“LINE離れ”にさまざまな反応 「便利だけど、わかる気がする」「通話はしないの?」

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月17日、ハッシュタグ「 #LINE離れ 」がTwitterトレンド入りしました。

 発端となったのは、日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」番組内コーナーである、“若者の○○離れを調査した件”にて実施された街頭調査。番組スタッフが、4人の女性に「個人的に○○離れってあります?」と質問すると、全員が口を揃えて「LINE離れ」と回答し、番組MCを驚かせました。ちなみに、彼女たちは写真を送信するのにAirDrop、会話はInstagramのDMを使用しているとのことでした。

 ネットではLINE離れに対して「わかる」「LINEの方が優秀」といった声から、「ガラケー時代が懐かしい」といった懐古の声まで、さまざまな反応がありました。

ネットではややポジティブ寄りの反応

 SNS分析ツールで「LINE離れ」を解析した結果、ポジティブな反応が61.4%、ネガティブな反応が38.6%と分類されました。

 番組が放送されていた0時台から話題となりはじめ、1時台には900件を超えるツイートが投稿されました。その後ふたたび話題となり、ピークとなる8時台には3000件を超えるツイートが投稿されています。

advertisement

原因は既読機能? LINE離れに賛同する声

 番組内で実際に「LINE離れ」と回答したのは1グループのみでしたが、TwitterではLINE離れに対し「わかる気がする」といった賛同の声が寄せられています。

 特に多かったのは「LINE離れかぁ……わかる気もする。既読というシステムが良くも悪くもあると思う。便利だけどね」「既読スルーだとか、人の繋がりを気にしてなきゃいけないのが疲れるしなぁ……」など、LINEの既読機能を煩わしいと感じる意見でした。

 また、「わかる。LINE嫌い。やめたいけど、学校の連絡とかLINEだからやめられん」「プライベートもLINEなのに、仕事までLINEで連絡を取り合ってたから、大嫌いになった」といった、プライベートだけでなく学校や仕事での連絡にもLINEを使っていることで、LINEを嫌いになってしまったという声もありました。

advertisement

「通話はどうしているの?」LINEを使わない生活に疑問の声

 LINE離れに対する懸念の声として多かったのは、通話はどうするのかという点。AirDropで写真、InstagramやTwitterでDMを送受信できるものの、「通話はどうしているの? 使わないのか?」といった声が見られました。

  写真やメッセージはLINEで送受信できることから「どっちもできて通話まで出来るLINEの方が優秀な気がしない?」といった意見から、「用途によってアプリを使い分ける方が不便に感じる」といった利便性を懸念する意見も。

advertisement

ガラケー文化を懐かしむ声も

 今回の調査では「問い合わせ」「懐かしい」といったワードが関連頻出語に選出されました。LINE離れがTwitterトレンド入りしたことをきっかけに、ガラケーを使っていた世代の人たちが当時のメッセージや写真のやり取りを思い返し、一緒にツイートされたようです。

  LINEよりもっと前に離れてしまった文化ですが、新着メールを受信するための「センター問い合わせ」や、電話の料金プランに特化した「ウィルコム」などのガラケー文化を懐かしむ声が目を引きました。

調査概要

調査期間2020年3月17日
調査対象Twitter
調査件数1万2366 件(10%サンプリング)
調査キーワードLINE離れ
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

関連人物

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.