メディア

「スマホ片手に接客されて不愉快です」 赤ちゃんからの切実な相談に答えるハッシュタグ「赤ちゃん相談室」に笑顔がいっぱい

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

「Q. 突然飲み物が提供されなくなってしまいました。設備自体に問題は無いようなのですが」(3カ月 男性)→「A. 申し訳ございません、それはお父さんの乳首です」(30代 男性)

 こちらは、現在Twitterで盛り上がりを見せているハッシュタグ「#赤ちゃん相談室」のツイートです。相談しているのは赤ちゃん、答えているのはその親、という構図で、育児の中で体験した面白かったことや悩みをユーモアたっぷりにネタ化したもの。

 多くの親たちに共感される相談内容から、ぶっ飛んでいて笑いが止まらなくなるものまで、10万件近いツイートが集まっています。今回はその中から、特に注目のツイートをランキング形式でご紹介します。

advertisement

笑顔や共感が止まらない 珠玉のツイートをご紹介!

 ランキングの前に、まず特に紹介したいツイートをお送りしましょう。

「急に相対性理論の話をされて困っています」

 最初に紹介するのは「急に見慣れない男性スタッフが来て、相対性理論について話し始めて困っている」という0歳の男性から寄せられた相談です。男性とはもちろんお父さんのことですね。

 赤ちゃんとの会話で困った経験は多くのお父さんが持っているようで「まさに十数年前の我が家」「うちは宗教改革の話をしたら泣いちゃった」など反響が続々。中には「うちの子は相対性理論でスヤスヤでした」なる将来が楽しみな赤ちゃんも。

「小柄な男性が抱きついてくるのを止めて欲しい」

 続いては「小柄な男性が執拗に抱きついてきます。止めて欲しいです」という0歳の女性からの相談。

 こちらのご家庭では、お兄ちゃんがかわいい妹さんについつい抱きついてしまうようで、妹さんはちょっぴりご機嫌斜めな様子。そんな頬笑ましい兄弟愛に「お兄ちゃんかわいい!」「うちにも新米スタッフがいるので共感しました」と、皆さん癒やされています。

「スマホ片手に接客されて不愉快です」

 こちらのツイートでは「男性スタッフが常にスマホ片手に接客してきて不愉快です」と、生後6カ月の男性がお怒りの様子。

 赤ちゃんの写真をたくさん残しておきたい旦那さんへの共感が集まる一方、中には育児の最中もスマートフォンばかり見てしまっているのか「ドキッ」と自分を省みる人も。いつもの赤ちゃんへの接し方で反応が変わる見事なツイートですね。

「朝なのに家族が起きません」

 「朝になったのに家族が起きてくれません」というお悩みを相談室に送ったのは8カ月の男性。対する答えは「お客様、まだ夜中の3時です」。

 夜中に目を覚ます赤ちゃんと「もう少し寝ててー」と祈るお母さんの日常に「わかるわかる!」「最近の息子まさにこれ!」と共感の声がたくさん寄せられています。

「ズボンくらい自分で履けます」

 2歳の女性から「店員さんのサービスが過剰。 ズボンくらい自分で履けるのでかまわないで」というお悩み相談も届いていました。

 お母さんが助けようとすると「自分でやるの!」と頑張るけれど、履こうとしているのはトレーナー。そんな愛らしい姿に「あるある!」「かわいすぎる」「元気出る」とみんな笑顔に。

「発声練習中に視界に入る男性のせいで集中できません」

 「ぱぱぱぱぱ」と発声練習中に視界へ入ってくる男性が気になって練習に集中できないとお悩みなのは、8カ月の女性。

 パパと呼ばれる瞬間は、お父さんたちにとって一大イベント。当時を思い出してか「泣けてくる」「パパの嬉しい顔が浮かぶ」など、ほっこりするツイートが集まっています。

「俺、疲れてるの! 眠いから寝ちゃうの!」

 中には、35歳児からの「俺、疲れてるの! 眠くなったら寝ちゃうの!」という相談も。

 大きな赤ちゃんのワガママに「うちにもいます!」「こっちはかわいくない!」と、全国の困っているお母さんたちから共感が続々。疲れているのはお母さんも同じ。自分のことは自分できちんとしないといけませんね。

 この他にも秀逸なツイートがたくさんあるので、ぜひハッシュタグ「#赤ちゃん相談室」を追いかけてみて下さい!

 次のページでは、人気ツイートベスト10をご紹介します!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「IT・科学」のアクセスランキング