メディア

【犬】の飼い主が「災害発生時に不安に思うこと」ランキングTOP5 1位は「愛犬と一緒に避難所にいけるのか」という心配 【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 PLAN-Bが運営する、愛犬と飼い主のための情報を発信するWebメディア「INUNAVI(いぬなび)」は全国の犬の飼い主400人を対象に「災害への意識調査」に関してのアンケート調査を実施しました。

 もしものことが起きたとき、大事な愛犬と一緒に無事に非難するためにも日頃からの意識付けや準備が大切ですよね。それでは、全国の飼い主さんたちは災害についてどう考えているのか、調査結果の一部を紹介していきます。

advertisement

防災グッズを準備していない飼い主は半数以上

 災害に備えて、普段から愛犬のために防災・避難グッズを準備しているかを飼い主に質問したところ、「準備をしている」と答えた飼い主は15%にとどまり、「準備をしていない」もしくは準備しようとは考えているものの「何をすればいいかわからない」と答えた飼い主は合わせて8割以上となりました。

advertisement

災害発生時、愛犬と一緒に行動するうえで不安に思うことは?

 それでは、もしも実際に災害は起きてしまったとしたら、実際に愛犬と一緒に避難するうえで飼い主たちが不安に思っていることはなんでしょうか。その結果をランキングで見ていきましょう。

第3位:周りの人に迷惑をかけないか

 第3位は、愛犬が「周りの人に迷惑をかけないか」でした。

 突如として災害が起きたとき、飼い主はもちろん周囲の人々もパニックに陥りがちです。そんな中では、普段はおとなしい犬でも、飼い主の不安を感じとって思わぬ行動を取るかもしれないし、周りの人も心の余裕がなくて犬の行動を迷惑に感じてしまうおそれもある。そんな状況を不安に感じる人が多かったようです。

 回答者からも「避難先で犬も受け入れてくれるか、もし一緒に避難できたとしても不快に思う人から文句を言われないか不安です」との声があがっていました。

第2位:愛犬の心理的負担

 第2位は、「愛犬の心理的負担」でした。

 災害で緊急事態に陥ると、普段と違う雰囲気や環境に戸惑ってしまうのは人間だけでなく犬も同じ。大きな地震で近くのものが倒れたり、大きな音が鳴り響いたりしたら、犬もびっくりしてしまうかもしれません。また、知らない人が多く集まる避難場所で多大なストレスを感じてしまうかもしれない、そんな心配をする飼い主は少なくないでしょう。

 回答者からも「(犬が)驚いて逃げないかが心配」という声が見受けられました。

第1位:愛犬と一緒に避難所にいけるのか/一緒に過ごせるのか

 そして、第1位となったのは「愛犬と一緒に避難所にいけるのか/一緒に過ごせるのか」でした。

 3位にも通じるところがあるかもしれませんが、やはり不安にかられた多くの人が集まる避難所に愛犬を一緒に連れて行って受け入れてくれるのかと心配しているか飼い主が大多数のようです。

 回答者からも「いつもは家の中で一緒に過ごしているので、避難所でも一緒に過ごせるスペースがあるのか」「大型犬のため受け入れてくれる所があるのか不安です」「2匹いるし、よく吠える、1匹は噛みつく恐れもあるし、避難所には絶対連れて行くのは無理だと思っている」といった不安の声が多くあがっていました。

advertisement

まとめ

 冒頭でも述べたように、もしもの災害のために日頃から準備しておくことは大切でしょう。愛犬と一緒に避難することが可能かどうか、自治体や受け入れてくれそうな場所などにあらかじめ確認を取っておくことも良いかもしれませんね。

 そのほかに飼い主はどんな不安を感じているのかなど、ランキングと調査結果は次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング