メディア

トヨタとNTTが業務提携を正式発表「この2社なら面白そう」「スマートシティに期待できそう」ネットでは期待の声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月24日9時ごろ、トヨタ自動車とNTTが資本提携する方針を固めたと発表され、「トヨタとNTT」がTwitterトレンド入りしました。

 同日の15時、トヨタ自動車の豊田章男社長とNTTの澤田純社長が東京都内で記者会見を実施。トヨタ自動車が持つモノづくりの技術と、NTTの通信システムやソフトウェアを組み合わせ、AIやIoTを活用したスマートシティ事業を推進していくと正式発表しました。

advertisement

ネットではポジティブな反応が多数

 SNS分析ツールで「トヨタ NTT」を分析した結果、ポジティブな反応が84.1%、ネガティブな反応が15.9%と分類されました。

 3月24日9時ごろ、トヨタ自動車とNTTの業務提携を各メディアが報じたことで話題となり、ピークとなる10時には3700件を超えるツイートが投稿されました。

advertisement

「面白いことができそう」ネットでは期待の声が相次ぐ

 発表を見たネットのユーザーからは、「この2社が一緒にやると面白いことができそう」「この計画、面白そうだよなぁ。楽しそう」といった期待の声が寄せられています。

 トヨタ自動車とNTTという大手2社が提携することに対し「面白い」「すごい」といった反応を示すユーザーが多いようです。

advertisement

より現実味を帯びてきたスマートシティ構想にも期待の声

 今回の発表に対し、ネットではスマートシティへの期待の声も多く寄せられています。

 人々の生活が大きく変化するであろうスマートシティ構想に「どんなことが出来るのでしょうか」といった疑問を抱く人や、「スマートシティに向けたさまざまな展開が期待できそう」「さまざまな人が、もっとスマートシティについて考えて欲しいと思った」といった声が見られました。

advertisement

「ソフトバンクじゃないのか」意外な提携先に驚きの声

 トヨタ自動車はソフトバンクとの合弁会社であるMONET Technologiesを2018年に設立しています。MONET TechnologiesではICTを活用した交通のクラウド化を目指すMaaS事業に取り組んでるため、スマートシティ構想はソフトバンクと協力するのではないかとの見方が広がっていたようです。

 しかし今回、トヨタ自動車のスマートシティ構想実現における提携先がNTTと発表されたことで、「ソフトバンクじゃないのか」と、意外に思う声が見られました。

調査概要

調査期間2020年3月24日
調査対象Twitter
調査件数1万975 件(10%サンプリング)
調査キーワードトヨタ NTT
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.