メディア

ハッシュタグ「東京脱出」は本当にTwitter上で拡散されていたのか? 朝日新聞の記事による影響を調査してみた

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 朝日新聞が4月7日に公開した記事の中で「ツイッターでは『東京脱出』というハッシュタグ(検索ワード)が拡散されている」と書いたことに対し、「そんなハッシュタグは今まで見なかった」「朝日新聞が記事化することで拡散させたのでは」という疑問の声が上がっています。

 ねとらぼ調査隊では、ハッシュタグ「#東京脱出」の過去のツイート数や拡散のされ方について、SNS分析ツール「Social Insight」を使って分析してみました。

朝日新聞の記事以前にはほぼ投稿なし

 ハッシュタグ「#東京脱出」の直近3カ月(2020年1月7日~4月7日)のツイート数を調べてみると、4月6日までのツイート数は1日あたりほぼ0~3件で、新型コロナウイルスとは無関係の内容も含んでいました。

Twitterでの「#東京脱出」の日別ツイート数(2020/1/7~2020/4/7)

 ただし、3月28日には94件、翌29日には11件と一時的に小さくツイート数が伸びています。これは、時事通信(時事ドットコムニュース)が「夜行バスに若者次々 「東京出られなくなる」―週末控え、予定早め帰省・新型コロナ」という記事を公開し、その反応をまとめた外部サイトのツイートに「#東京脱出」が付けられていたことによるものでした。

3月28日にまとめサイトが、ハッシュタグ「#東京脱出」を付けて投稿したツイート

 一方、朝日新聞の記事『#東京脱出、専門家「やめて」 帰省で家族に感染、新たなクラスターも 新型コロナ』が公開された4月7日午前5時以降を見てみると、1日で1万5000件を上回るツイートがありました。

 Twitterでの拡散に限って見れば、朝日新聞の記事公開以前に「#東京脱出」が拡散されていたとは言いがたく、この記事をもって多くの人が初めて目にすることとなったと言えそうです。

advertisement

InstagramやGoogle検索では?

 Twitterで「#東京脱出」が広く使われ始めたのは4月7日以降ということが分かりましたが、Instagramではどうでしょうか。こちらも同じく直近3カ月分を調べてみたところ、1月7日~4月6日までは延べ51件、4月7日は1日で75件という結果でした。Twitterに比べるとかなり絶対数が少なくなっています。

 ただし、Instagramでは以前から「#東京脱出」で旅行や引っ越しに関する投稿が行われており、現時点での検索結果ページを見ると、述べ1500件を超える(多くは新型コロナウイルスに関係のない)投稿が確認できます。

Instagramでの「#東京脱出」の検索結果。1500件を超える投稿が確認できる

 また、Google検索の検索ボリュームを確認できる「Googleトレンド」を使って、キーワード「東京脱出」の長期間のトレンドを追ってみると、2011年3月に急激に検索数が上昇していることが分かります。これは東日本大震災が発生したタイミングと一致していることから、震災直後には一時的に「東京脱出」というキーワードが注目されていたと見ることができるでしょう。

Googleトレンドでの「東京脱出」の検索結果。 急激に伸びているのは2011年3月
advertisement

まとめ

 SNS分析ツールを使った調査の結果、朝日新聞の記事公開以前には、記事で触れられているような「ツイッターでは『東京脱出』というハッシュタグ(検索ワード)が拡散されている」という現象は確認できませんでした。

 調査対象をInstagramに広げてもその傾向は変わりませんでしたが、Googleトレンドでは、2011年3月の東日本大震災発生後から、一時的に検索ボリュームが大きく増大していることが認められました。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング