メディア

「エイプリルフール」に関するTwitter投稿数が約2割増加。多くRTされたアカウントは? 【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 SNSマーケティング支援サービスを提供するホットリンクが、エイプリルフールにおけるTwitterへの投稿の分析結果を2021年4月8日に発表しました。日本でも、すっかり定着したエイプリルフールにおけるTwitterへの投稿。2021年はどのような盛り上がりを見せていたのでしょうか。

advertisement

2021年の全体言及数は、昨対比「約2割」増

 2021年の「全体」言及数(リツイートやメンションを含むすべてのツイート数)は261万1660件と、昨年の全体言及数206万3830件と比較して約2割ほど増加しています。

画像はプレスリリースより引用
画像はプレスリリースより引用

 オーガニックツイート(リツイートを除く投稿)のみで比較すると、2021年は92万6260件で、昨年の62万9250件と比較して3~4割の増加が見られました。なお、2020年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で投稿を自粛するアカウントも多く、 「コロナ関連の嘘はつかないようにしよう」という動きがありました。

advertisement

言及が多いタイミングは、0時・12時前後

 言及数が多いタイミングとして、0時と12時前後に集中するのが例年の傾向です。要因として、次の2点が考えられます。

 ・多くの公式アカウントがこの2つのタイミングで投稿を行なうこと
 ・ユーザーの活動時間がこの2つの時間に集中していること

画像はプレスリリースより引用
画像はプレスリリースより引用
advertisement

RT数の多かった投稿は?

 2021年も、個人だけでなく多くの企業アカウントが、こぞってジョークツイートを投稿。エイプリルフールにTwitterを盛り上げてくれていました。

 次のページでは、RT数の多かったツイートランキング(2021年4月6日時点)を紹介します。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「社会」のアクセスランキング