メディア

【ゲスの極み乙女。】川谷絵音が選ぶシティーポップ10選! プレイリストがAWAで配信中

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 4月14日に創刊号が発売されたファッション&カルチャー雑誌『TOKYODOT(トーキョードット)』と定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」がコラボ。その第一弾としてロックバンド「ゲスの極み乙女。」など多くのバンドでの活躍などで知られるアーティスト・川谷絵音さんがオススメシティーポップのプレイリストをAWAで公開しました

 それではプレイリストに入った楽曲を紹介していきます。

advertisement

LOVE SHOWER / 吉田美奈子

 1曲目は吉田美奈子さんの「LOVE SHOWER」。細野晴臣さんや松本隆さんなどに影響を受けて楽曲制作を始めたという吉田美奈子さん。代表曲には大滝詠一さん作詞作曲の「夢で逢えたら」などが挙げられます。

 「LOVE SHOWER」は1982年に発売されたアルバム「LIGHT’N UP」に収録されている楽曲です。編曲には山下達郎さんが参加しており、管弦アレンジが見事な一曲です。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

都会 / 大貫妙子

 2曲目は大貫妙子さんの「都会」でした。日本のシティポップをけん引した山下達郎さん率いるロックバンド「シュガー・ベイブ」のメンバーで、日本の女性シンガーの草分けの一人である大貫妙子さん。

 数々の名曲を世に送り出してきた中から、川谷絵音さんがピックアップしたのはアルバム「SUNSHOWER」に収録されている「都会」。東京の中にある「孤独」や「虚しさ」を感じさせる楽曲です。編曲は坂本龍一さん。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

ハートブレイク / 松任谷由実

 3曲目は松任谷由実さんの「ハートブレイク」。本人が作詞作曲し、夫である松任谷正隆さんの編曲で、ポップな曲調とは裏腹にタイトル通りの失恋を歌った楽曲。

 「ハートブレイク」といえばよく続けて演奏される「結婚ルーレット」もセットでイメージする人も多いと思いますが、この後に続く山下誠さんの「First Light」のしっとりとした歌声にすぅっと入っていける選曲になっていると思います。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 ということで、川谷絵音さんが選ぶオススメシティーポップの3曲目までを解説と一緒に紹介してきました。全曲リストは次のページでご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.