メディア

「日本で一番うまい唐揚げ屋」が決定! 「からあげグランプリ」2021年の最高金賞に輝いたのは?【東日本しょうゆダレ部門】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「日本で一番うまい唐揚げ屋さん」を決めるという「第12回からあげグランプリ」(日本唐揚協会)の結果が発表されました。エントリー数は全国の921店舗で、投票総数は22万8388票。「塩ダレ部門」「手羽先部門」「チキン南蛮部門」などいくつかの部門ごとに、「最高金賞」とそれに続く「金賞」のお店が選ばれています。

 今回は「東日本しょうゆダレ部門」を受賞した「最高金賞」のお店を見てみましょう。

advertisement

最高金賞は「中津からあげ渓」(品川)

 2021年の最高金賞に輝いたのは、東京都品川区にある「中津からあげ渓」。“からあげの聖地”ともいわれる大分県・中津のからあげを専門に扱っています。

 中津市役所の公式サイトによれば、『中津に「からあげ」が根付いているのは、「以前中津にたくさんの養鶏場があり鶏肉の入手が容易だった」「旧満州からの引揚者が中国での食べ方を再現した」「お惣菜店が揚げたてを提供したことが評判となり類似の店が増えた」などが理由』とのこと。

 中津からあげは、醤油や塩をベースに、ニンニクやショウガなどのタレにしっかりと漬け込んでおり、衣は薄めに仕上げているのが特徴。中津からあげ渓では、一般的なモモやムネに加え、手羽先、砂肝、なんこつなどの各種をそろえています。同店は過去に「金賞」を7度受賞していますが、「最高金賞」は今回が初となります。

画像は「中津からあげ渓」公式サイトより引用
画像は「中津からあげ渓」公式サイトより引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.