メディア

【クロノ・トリガー】あなたが一番好きなBGMはどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1995年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されて以来、さまざまな端末でリリースされてきた名作RPG「クロノ・トリガー」。まだスクウェアとエニックスの合併前だった発売当時、「ドラゴンクエスト」の生みの親である堀井雄二さんと、「ファイナルファンタジー」の生みの親である坂口博信さんが手を組み、そして漫画『ドラコンボール』で有名な鳥山明さんがキャラクターデザインを担当するという「ドリームプロジェクト」が大きな話題を呼びました。

 また、数々のゲームやアニメの楽曲を手がけた光田康典さんらによるBGMも好評で、2019年にはゲーム映像と一緒に楽しめるサウンドトラックも発売されました。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな『クロノ・トリガー』のBGMは何?」というテーマでアンケートを実施します。あなたの思い出に残る1曲にご投票ください。それでは、数ある名曲の中から6曲をピックアップして紹介します。

画像はSQUARE ENIX公式サイトより引用
advertisement

クロノ・トリガー

 「クロノ・トリガー」は、タイトルの通り本作のメインテーマ。冒険に向かう時の緊張感とわくわく感、キャラクターたちの勇ましさを感じる曲調です。主人公「クロノ」たちが初めてワープするシーンや謎の生命体ラヴォスの存在を知り、破滅に向かう歴史を変えるために決意を新たにするシーンなど、印象的なシーンに使用されました。

advertisement

風の憧憬

 まるで風の音が聞こえてくるかのような自然の美しさと、どこか儚さも感じる楽曲。中世のトルース村やチョラス村のワールドマップが広がるシーンで流れます。

advertisement

カエルのテーマ

 呪いによってカエルの姿に変えられてしまった中世ガルディア王国の騎士「カエル」のテーマ曲。見た目はとても奇妙なカエル姿の騎士ですが、このかっこよく勇ましいマーチ曲が勇敢に闘う姿をより引き立たせています。勇者の剣グランドリオンを手にするシーンは胸が熱くなりますね。

advertisement

ラヴォスのテーマ

 このゲームの最終ボスである「ラヴォス」のテーマ曲。地下から出没して一瞬で世界を滅ぼしたという謎の巨大生物ラヴォスの恐ろしさが見事に表現されている楽曲です。ラヴォスとの戦闘シーンで何度も流れています。

advertisement

時の回廊

 魔法を使うことができた古代時代、魔法を使える者だけが住める宙に浮かぶ国「魔法王国ジール」で流れた楽曲です。インドの弦楽器シタールを取り入れた民族調の楽曲で、魔法が使える不思議な国のイメージが感じられます。

advertisement

遥かなる時の彼方へ

 エンディングのスタッフロールで流れる楽曲です。ゆったりとした曲調がゲームクリアの達成感と余韻を引き立たせます。実は、この楽曲はゲーム制作の前に作られており、別れの切なさと前向きなイメージが表現されているそうです。

advertisement

まとめ

 ここまで「クロノ・トリガー」のゲーム内で流れるBGMを6曲を紹介しました。もちろんこのほかにも、「クロノ・トリガー」で使用された楽曲はどれも印象的な名曲ばかりです!

 選択肢には主にゲーム内で使用された曲を用意しましたが、もしそれ以外のサントラに収録された曲やアレンジバージョンなどの楽曲が好きという人は、「その他」に投票のうえ、曲名をコメント欄にお書きください。そのほか、各BGMの魅力的なポイントやゲーム中の思い出などもコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票をお待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.