メディア

【NHK連続テレビ小説】「2010年代の朝ドラ」ヒロインの夫役人気ランキングTOP17! 第1位は「スカーレット」の松下洸平さんに決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 4月15日から4月28日まで、ねとらぼ調査隊では「2010年代の朝ドラで一番好きな夫役はだれ?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、2010年代に放送されたNHKのドラマ「連続テレビ小説」でヒロインの夫役を務めた人物。2010年に放送された「ゲゲゲの女房」から、2019年放送の「スカーレット」までの計17作品が対象作品となります。

 今回のアンケートでは、総数9892票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:中川大志(なつぞら)

 第10位は、「なつぞら」に出演した中川大志さんでした。得票数は276票、得票率は2.8%となっています。

 「なつぞら」は2019年4月から9月にかけて放送された、100作目となる作品。中川さんはアニメ制作会社で演出を務める坂場一久を演じ、広瀬すずさん演じる奥原なつと結婚しました。アニメーションの知識は豊富なものの絵は描けず、不器用で気難しいところがどこか魅力的な人物です。

advertisement

第9位:山﨑賢人(まれ)

 第9位は、「まれ」でヒロイン・津村希の夫役を演じた山﨑賢人さんでした。得票数は322票、得票率は3.3%となっています。

 「まれ」は、2015年3月から9月にかけて放送された、92作目となる連続テレビ小説です。山﨑さんは希の同級生で、後に紺谷漆器の5代目経営者となった輪島塗の職人・紺谷圭太を演じました。

advertisement

第8位:磯村勇斗(ひよっこ)

 第8位は、「ひよっこ」でヒロインの夫役を演じた磯村勇斗さんでした。得票数は332票、得票率は3.4%となっています。

 「ひよっこ」は、2017年4月から9月にかけて放送された、96作目となる連続テレビ小説です。磯村さんは、洋食屋「すずふり亭」の見習いコック・前田秀俊を演じました。本編の放送当時には、なかなか距離の縮まらない2人にもどかしい気持ちになった人も多かったのではないでしょうか。のちに放送されたスペシャルドラマ「ひよっこ2」では、2人の新婚生活がたっぷり描かれました。

advertisement

第7位:松坂桃李(梅ちゃん先生)

 第7位は、「梅ちゃん先生」に出演した松坂桃李さんでした。得票数は378票、得票率は3.8%となっています。

 「梅ちゃん先生」は、2012年4月から9月にかけて放送された、86作目となるドラマです。松坂さんは堀北真希さん演じるヒロイン・下村梅子の幼なじみ、安岡信郎を演じました。当初はただの幼なじみだった2人ですが、だんだんとお互いの心に変化が表れていきます。

画像は「NHKアーカイブス」より引用
advertisement

第6位:玉山鉄二(マッサン)

 第6位は、「マッサン」に出演の玉山鉄二さんでした。得票数は420票、得票率は4.2%となっています。

 「マッサン」は2014年9月から2015年3月にかけて放送された、91作目となる作品です。玉山さんはウイスキー造りに人生をささげた主人公・亀山政春を演じました。妻のエリーにとっては「マサハルさん」と発音しづらかったため、「マッサン」と呼ばれるようになります。

画像は「NHKアーカイブス」より引用
advertisement

第5位:向井理(ゲゲゲの女房)

 第5位は、「ゲゲゲの女房」の向井理さんでした。得票数は535票、得票率は5.4%となっています。

 「ゲゲゲの女房」は、2010年3月から9月にかけて放送された作品です。向井さんは漫画家・水木しげるさんをモデルとした村井茂を演じました。戦時中に左腕を失っている役のため、撮影当時は私生活でも左腕を使わないようにしていたそうです。

画像は「NHKアーカイブス」より引用
advertisement

第4位:鈴木亮平(花子とアン)

 第4位は、「花子とアン」に出演の鈴木亮平さんでした。得票数は581票、得票率は5.9%となっています。

 「花子とアン」は2014年3月から9月にかけて放送された、90作目となるドラマです。鈴木さんが演じたのは、印刷屋「村岡印刷」の2代目である村岡英治。吉高由里子さん演じるヒロイン・安東はなが学生のころに出会い、後に結婚しました。

advertisement

第3位:長谷川博己(まんぷく)

 第3位は、「まんぷく」に出演していた長谷川博己さんでした。得票数は904票、得票率は9.1%となっています。

 「まんぷく」は2018年10月から2019年3月にかけて放送された、99作目となる作品です。インスタントラーメンを生み出した夫婦の物語を描いており、長谷川さんは実業家・立花萬平を演じました。何度も失敗を繰り返しては立ち上がっていく姿に、多くの視聴者が元気づけられたことでしょう。

 コメントでは「萬平さんの『おいで』は今でも思いだすたびドキッとする」「幅広い演技で魅了された」「長谷川さんが演じる萬平がかわいかった」といった声が寄せられていました。

画像は「NHKアーカイブス」より引用
advertisement

第2位:玉木宏(あさが来た)

 第2位は、「あさが来た」に出演の玉木宏さんでした。得票数は2536票、得票率は25.6%となっています。

 「あさが来た」は2015年9月から2016年4月にかけて放送された、93作目となる連続テレビ小説です。玉木さんは白岡新次郎を演じ、実業家として奔走するヒロイン・今井あさを支えていました。

 コメントでは「玉木さんのはんなりとした色気と気品が毎朝楽しみでした」「玉木宏さんの繊細で豊かな演技が素晴らしかった」「あんなご主人いたらなんでも乗り切れそう!」「飄々とした中に実のある新次郎さんと玉木宏さんがベストマッチ」といった声が寄せられていました。

advertisement

第1位:松下洸平(スカーレット)

 第1位は、「スカーレット」に出演していた松下洸平さんでした。得票数は2905票、得票率は29.4%となっています。

 「スカーレット」は、2019年9月から2020年3月にかけて放送された、101作目の連続テレビ小説。松下さんは、主人公で陶芸家の川原喜美子の夫・十代田八郎を演じました。喜美子に陶芸を教えていくうちに、2人の距離が縮まっていく……そんな展開に毎日ドキドキしていた人も多かったのではないでしょうか。

 コメントでは「陶芸をしているときの手や指に見とれた」「喜美子とちょっとずつ距離が縮まっていく過程がかわいくて好き」「若い八郎から初老の八郎までを見事に演じ分けており、ホントに素晴らしかった」との声が寄せられていました。また、「八郎が松下洸平さんでよかった」「八郎役に松下洸平さんをキャスティングした洞察に敬服!」と、松下さんが演じたからこそより魅力的に映った、という声も多くあがっていました。

画像は「NHKアーカイブス」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.