メディア
ダイキン

「エアコン暖房時に設定温度を1度下げると10%の節電」知らない人は8割 ダイキンが冬の節電の工夫を紹介

「エアコンの使用控え」を考えている人は約7割に上っています

ダイキン
ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

「エアコンの使用控え」を考えている人は約7割に上っています

 電気代を気にして「エアコンの使用控え」を考えている人は約7割、一方で電気代が無駄になるかもしれないエアコンの使い方をしている人も約7割――エアコンメーカーのダイキンが、このような調査結果と、冬のエアコン節電方法を公開しました。

 同社は暖房の使用が本格的になる冬本番を前に、調査は全国528人(20歳~59歳までの男女)を対象に「エアコン暖房の節電に関する実態調査」を実施。暖房器具としてエアコンを使用している人は全体の78.4%に上った一方、今年の冬は電気代を意識してエアコンの使用を控えようと思う人は、「とても思う(27.3%)」「やや思う(40.8%)」を併せて約7割に及びました。

advertisement

設定温度を上げると消費電力は増える

 エアコン運転時にも寒さを感じたという人は約65%、そのうちの約76%は、肌寒くなるとエアコンの設定温度を上げているといいます。しかし、設定温度を上げるとその分消費電力は増えるため、ダイキンは加湿したり温度ムラを抑えたりすることで体感温度を高めることを進めています。

advertisement

1度下げると10%の節電、知ってた?

 エアコン暖房時に設定温度を1度下げると10%の節電になると言われていますが、調査回答者の約8割がこのことを知らなかったという結果でした。また「室外機周辺の掃除(7.5%)」「フィルター掃除(48.1%)」など、節電の工夫をしている人は少ない結果に。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「IT・科学」のアクセスランキング