メディア

「堂本剛」出演のドラマ人気ランキングTOP18! 1位は「金田一少年の事件簿」 【2021年調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年3月15日から3月28日までの間、ねとらぼ調査隊では「堂本剛主演ドラマで好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 KinKi KidsとしてCDデビューする前から、数々のドラマに出演してきた堂本剛さんは、影のある役からちょっとトボけた味のある役まで変幻自在。どの作品も魅力的ですよね。

 今回のアンケートでは、7232票の投票をいただきました。たくさんの投票、ありがとうございました! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:若葉のころ

 第10位は、200票を獲得した「若葉のころ」です。

 1996年放送の「若葉のころ」は、堂本光一さんとのダブル主演作品。堂本剛さんは、働かない父に代わり、高校生ながらアルバイトで弟と妹を養う相沢武司を演じていました。コメント欄には、「当時4歳だった娘が、台詞を覚えるくらい毎日ビデオ観ていました」という声があがっていました。

advertisement

第9位:人間・失格~たとえばぼくが死んだら

 第9位は、256票を集めた「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」。

 中学校を舞台に、いじめや体罰、復讐を描いた作品で、1994年に放送されました。堂本剛さんが演じたのは、壮絶ないじめの末に亡くなる中学生、という難しい役柄。コメント欄には「観ていてすごくしんどくなるストーリー。これを観て剛くんファンになった」「『人間・失格』はエグかった。上手すぎて」というコメントが寄せられていました。

advertisement

第8位:ぼくらの勇気 未満都市

 第8位は、266票を獲得した「ぼくらの勇気 未満都市」。大人を死に至らしめる微生物がはびこる世界で、生き残った子どもたちが政府に立ち向かうというストーリーで、共演者には堂本光一さんや松本潤さんらが名を連ねています。1997年に連続ドラマが放送され、2017年にはスペシャルドラマとして20年ぶりに復活を果たしました。

advertisement

第7位:青の時代

 第7位は、409票を獲得した「青の時代」。1998年に放送されたドラマです。

 堂本剛さんは、ひったくりなどの犯罪に手を染めながらも、胸の奥にはやさしい心を持つ少年リュウを演じていました。コメント欄には「青の時代の剛くんがめちゃくちゃカッコいいです」「内容も衝撃的で、役がすごく剛くんにハマっていました」「『青の時代』の儚くて苦しいけれど、心を鷲掴みされた話は忘れられません」という声がありました。

advertisement

第6位:元カレ

 第6位は、434票を集めた「元カレ」。2003年に放送されました。

 堂本剛さん演じるデパートの新入社員が、内山理名さん演じる今の彼女と、広末涼子さん演じる昔の彼女との三角関係を繰り広げるドラマです。コメント欄には「東次のはっきりしない性格にヤキモキしました」「優柔不断なところが現実感があって最高でした」という声をいただいています。

advertisement

第5位:33分探偵シリーズ

 第5位は、485票を獲得した「33分探偵」シリーズです。2008年に放送されると好評を博し、2009年には続編が制作されました。

 明らかに犯人が分かっているにもかかわらず、主人公の探偵だけが疑問を持ち、33分もの間迷推理を繰り広げる、というコメディ作品です。「なんやかんやは、なんやかんやです!」と推理をごまかすセリフなど、堂本剛さん演じる探偵が大まじめにボケ続ける姿が印象的。コメント欄には、「特にファンではない友人も夫もはまってました」という声をいただきました。

advertisement

第4位:向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~

 第4位は、532票の「向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~」。

 大学の獣医学部を舞台に、動物愛護や介助犬といったテーマを扱った作品です。堂本剛さんは、処分される寸前だった犬のロシナンテを引き取る大学生を演じました。主題歌にはKinki Kidsの「ボクの背中には羽根がある」が使用され、ドラマの最終回では歌詞の一部がセリフとして使われています。コメント欄には「すごくピュアな剛くんにあっていたと思う」「割と剛君の素に近いようなホンワカした雰囲気がいい」といった声のほか、「再放送してほしい!」という声が多くあがっていました。

advertisement

第3位:to Heart ~恋して死にたい~

 第3位は、670票を獲得した「to Heart ~恋して死にたい~」です。

 1999年に放送された作品で、堂本剛さんが演じたのはプロボクサーを目指す青年・時枝ユウジ。深田恭子さん演じる三浦透子からアタックされる役で、「愛はパワーだよ!」という名セリフも誕生した胸キュンラブストーリーです。2人が出会ったきっかけはレンタルビデオ店での取り違え、という時代を感じさせる設定も印象的。

 コメント欄には「ボクサーを演じるために体をしぼった、精悍でかっこいいビジュアルが好き」「かっこよかったしデズリーの曲があってた!」などのコメントが寄せられていました。

advertisement

第2位:Summer Snow

 第2位は、932票を集めた「Summer Snow」。2000年に放送されたラブストーリーです。

 堂本剛さん演じる篠田夏生は、自転車店を営みながら弟と妹を養う青年。心臓に持病を抱えるヒロインに広末涼子さん、耳の不自由な夏生の弟役には小栗旬さんなどが出演しており、実力派ぞろいです。あたたかな気持ちになれる作品ですが、結末はかなり衝撃的なものでした。コメント欄には「妹と弟の為に一生懸命働いてる姿がいい」「貧しいながらも家族思いのお兄ちゃん役が多かった印象」「(主題歌の)夏の王様聴くと涙出る」という声が寄せられています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:金田一少年の事件簿

 そして第1位は、「金田一少年の事件簿」でした! 獲得票数は2178票と、圧倒的な結果となりました。

 『週刊少年マガジン』で連載されていた同名漫画の映像化作品で、堂本剛さんが演じるのは、金田一耕助の孫である金田一一(はじめ)。普段はおちゃらけた高校生ですがIQ180の頭脳の持ち主で、事件に遭遇するとその頭脳を生かして数々の謎を解明していく、というミステリー作品です。

 コメント欄には「金田一と言えば剛君のイメージが強い」「普段はのほほんとしているのに、推理になるとカッコいい金田一はじめ。そのメリハリのある役をしっかり演じていた」「現在連載中の大人になった金田一君も是非演じてほしい」など、多くのコメントをいただきました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

コメント欄では……

 コメント欄では、2014年にNHK BSプレミアムで放送された「プラトニック」について触れる声も多数ありました。心疾患を抱える娘を持つシングルマザーに、自分の心臓を提供すると申し出る青年の役で、「私の中の1位は『プラトニック』」「『プラトニック』の青年が心に住み着いちゃいました」といった声が。また、「剛くんの演技もう一度見たい」と、演技のお仕事を希望する声援も多くあがっていました。たくさんの投票とコメント、ありがとうございました!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.