メディア

永住したい「大分の街」は?【人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 大分といえば温暖な気候で、温泉が多いイメージがありますよね。騒がしすぎず不便すぎない地域で暮らしたい人や、温泉のある街に憧れがある人の中には、「将来は大分に住みたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は「永住したい『大分の街』はどこ?」というアンケートを実施します。大分には色々な特徴をもつ街があるなかで、永住したい街にご投票ください! まずは、編集部がピックアップした3つの街を紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

大分市

画像:写真AC

 大分市は県中部、別府湾に面する場所にある街。大分県の県庁所在地です。行政機関や商業施設が集まる都市でありながら、海と山に囲まれており、豊かな自然に恵まれているところが大分市の特徴です。

 交通の面では、日豊本線・豊肥本線・久大本線のほか、大分港と佐賀関港からフェリーが利用可能で、関西や四国方面へのアクセスもできます。不自由しない生活環境に豊かな自然環境、別府湾でとれる新鮮な海の幸といったように、あるとうれしい要素をバランスよく備えています。

advertisement

別府市

画像:写真AC

 別府市は大分市の北西に位置する街。県内トップの源泉総数と湧出量を誇る「温泉のまち」です。なかでも、温泉の蒸気が空気で冷やされてできる湯けむりは、別府の象徴的な光景となっています。

 暮らしの面では、日豊本線の別府駅を中心に商業施設と飲食店が集まっています。海沿いにはショッピングモールの「ゆめタウン別府」があり、普段の買い物や休日のお出かけに便利です。温泉のまちのイメージが強い別府ですが、交通機関や商業施設などの暮らしに欠かせない要素もしっかりと整備されています。

advertisement

中津市

画像:写真AC

 中津市は大分県北西部、福岡県との県境に位置する街です。周防灘に面した沿岸部に市街地が広がっており、街の南側には日本有数の渓谷「耶馬渓」を形成する山々が連なっています。

 福澤諭吉や前野良沢、小幡篤次郎など、多くの著名人のゆかりの地として知られる中津市。著名人に関連する文化財や歴史スポットが数多く現存しています。街並みにも風情があるため、歴史や文化を感じながら暮らしたい人にぴったりです。

advertisement

永住したい「大分の街」は?

 ここまで大分県にある地域の中から3つを紹介しました。このほか、さまざまな街が秋田県にはあります。その中で、永住したい「大分の街」はどこでしょうか。それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします。

永住したい「大分の街」は?
実施期間:2023/12/09 00:00 〜 2023/12/16 00:00
投票は1度、最大3つまでチェック可能
投票は締め切りました

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「住まい」のアクセスランキング