メディア

【超合金魂】90年代放映作品のロボットで、あなたの好きな超合金魂はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ロボットアニメや特撮作品を扱ったフィギュア「超合金魂」。1997年にマジンガーZの超合金魂が発売され、大人を中心に大ヒットを記録。現在も高級玩具として、広く名前を知られています。

 今回ねとらぼ調査隊では、「90年代放映作品のロボットで好きな超合金魂は?」というアンケートを実施します。まずは、90年代を彩った作品から生まれた3体の超合金魂を紹介します。

BANDAI SPIRITS公式サイト「魂ウェブ」より引用
BANDAI SPIRITS公式サイト「魂ウェブ」より引用
advertisement

GX-14 エヴァンゲリオン初号機

 「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する、主人公の碇シンジが乗る最終人型決戦兵器。初号機を忠実に再現したフォルムはもちろんのこと、細かなオプションが付いているのも魅力。特に武器として使用するプログレッシブナイフは、しっかりと収納可能になっています。

 また、エントリープラグも射出でき、さまざまなシーンの再現ができるのも嬉しいポイントです。

advertisement

GX-68 勇者王ガオガイガー

 サンライズが制作した勇者シリーズ「勇者王ガオガイガー」に登場するロボット。獅子王凱とギャレオンが合体した「ガイガー」と、ガオーマシンと呼ばれるメカと合体する「ファイナルフュージョン」を再現できます。

 全高約260mmというビックシルエットもさることながら、「ガイガーのステルス・ドリル装備状態」や、専用パーツをつけることで必殺技「ヘル・アンド・ヘブン」といった、劇中のシーンを再現できるという魅力があります。

advertisement

GX-72 大獣神

 スーパー戦隊シリーズのひとつ「恐竜戦隊ジュウレンジャー」に登場する5体の守護獣が合体した「獣戦車ダイノタンカー」が変形した姿で、恐竜剣ゴッドホーンとマンモスシールドを武器に戦います。

 放送当時は成し得なかった超合金化を、20年余の歳月を経て超合金魂として実現、話題となりました。合体変形の再現はもちろん、単体の守護獣としてもバランス、ディテールともに見事な出来栄えです。

advertisement

その他

 選択肢には、これまで超合金魂で発売された90年代放映作品のロボットから15体をリストアップしました。リニューアル版や限定品、F.A.(フルアクション)などに投票したい場合は「その他」へ投票のうえ、コメント欄に製品名や投票理由をお書きください。それでは投票、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

90年代放映作品のロボットで好きな超合金魂は?
合計:686票
実施期間:2021/05/21 00:00 〜 2021/06/04 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.