【60代が選ぶ】「ハイボールにおすすめのウイスキー」ランキングTOP25! 第1位は「角瓶」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の60代の男女を対象に「ハイボールにおすすめのウイスキー」というテーマでアンケートを実施しました。

 ウイスキーは、ハイボールにすると印象ががらりと変わるものもありますね。60代から最も支持を集めたのは、果たしてどの銘柄なのでしょうか? 早速、結果を見てみましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年12月7日
調査対象全国の60代の男女
有効回答数382票
advertisement

【60代が選ぶ】「ハイボールにおすすめのウイスキー」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第4位:響

出典:Amazon.co.jp

 第4位は「響」でした。響はサントリーのブレンデッドウイスキーで、山崎、白州、知多の3つの蒸留所で造られる原酒がブレンドされています。

 響はサントリーが“最高峰”と位置付けて1989年に生み出したウイスキー。「響」には、「人と自然と響きあう」という企業理念が込められているそうです。ローズやライチなどの香り、華やかに広がる味わい、美しいハーモニーを奏でるバランスの良さが特徴です。

advertisement

第3位:トリス

出典:Amazon.co.jp

 第3位は「トリス」でした。1946年にサントリーが発売したウイスキーで、80年近く愛され続けています。丸みのある滑らかな味わいと甘い香りが特徴で、ハイボールはもちろん、ロックや水割りなどさまざまな飲み方で楽しめるウイスキーです。

 また、トリスのラベルには、ブランドの象徴である「アンクルトリス」のキャラクターが配されており、親しみやすいデザインになっています。

advertisement

第2位:山崎

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「山崎」でした。1923年に着工した日本最古のモルト蒸留所「山崎蒸溜所」で生まれたシングルモルトウイスキーです。「山崎蒸溜所」は多種多様な原酒を造り分けることで世界的にも有名で、140万樽もの原酒を保有。それらを熟練のブレンダーが巧みにブレンドすることで、力強くも繊細な味わいと重厚で甘やかな香りを生み出しています。

advertisement

第1位:角瓶

出典:Amazon.co.jp
サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml ]"

サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml ]

1,820円(04/19 12:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「角瓶」でした。1937年にサントリーが発売したウイスキーです。角瓶で作ったハイボールは「角ハイ」と呼ばれ、居酒屋やバーなどでもおなじみの存在となっています。

 角瓶は、山崎と白州の蒸留所で造られるバーボン樽原酒をバランスよく配合。厚みのあるコクと甘やかな香りが特徴で、ハイボールにすることでおいしさがさらに引き立つとされています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お酒」のアクセスランキング