メディア

この子弟、エモすぎである……『僕のヒーローアカデミア』第67話、ネット上の反応は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今夜のアニメ『僕のヒーローアカデミア』放送直前のおさらい! 前回の感想と評価をお届けします。

 総人口の約8割がなんらかの「個性」を持つ世界で、ヒーローという職業を選び、まい進していくデクと、彼を支え、競い合う仲間たちのストレートで熱い思いが伝わってくる。ヒーローがヒーローたる所以を感じさせるデクから目が離せない。

advertisement

「僕のヒーローアカデミア」第67話(11/9放送)のあらすじ

 ナイトアイの下でインターンができることになったデクは、ミリオとのパトロール中、壊理という少女と遭遇する。そこで壊理に声をかけてきたのは、ナイトアイがマークする死穢八斎會の若頭・オーバーホールだった。慎重に動くべきとやり過ごそうとするミリオと、怯える壊理を保護しようとするデク。しかし壊理はオーバーホールの殺気を感じ取り、自らデクから離れていった。

 ナイトアイの言葉、壊理とオーバーホール… モヤモヤとした気持ちが拭えないデクはオールマイトと話そうと彼を訪ねる。そこでオールマイトが発した衝撃的な言葉とは…。 (『僕のヒーローアカデミア』公式サイトより)

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
advertisement

「僕のヒーローアカデミア」第67話のネット上での評価

 ネット上での『僕のヒーローアカデミア』第67話の評価は、「ポジティブ」が 73.7%となりました。デクの成長を見守りながら熱い展開を楽しんでいるようです。

advertisement

第67話の盛り上がりは?

 第67話は、放送開始直後の17:30頃から1500件を超えるツイート数の盛り上がりがあり、番組終了後まで高い水準を保ち続けました。

advertisement

壊理・オーバーホールとの邂逅

 ヒーローの衣装に身を包み、ミリオとパトロールをするデク。その最中、路地の一角から飛び出し、デクとぶつかる壊理(エリ)。その後を追うように姿を表したのは、ナイトアイがマークする死穢八斎會の若頭・オーバーホールでした。壊理の怯える姿に何かを察したデク。この一連の流れに、ファンによる「Aパートの緊張感すごかった」や「この時のエリの絶望感ってどのくらいだっただろうな……」など、アニメでの描き方やキャラクターの心情を読むツイートが見られました。

 このシーンのラスト、オーバーホールがデクとミリオに向けた殺意に気づき、みずからオーバーホールの下へと駆け出す壊理。その後姿を見送る事しかできないデク。死穢八斎會やオーバーホールに余計な勘ぐりをさせないため、無理に動く事もできず、自分の信念と現実の間で葛藤するデクの様子に対して、「オールマイトだったら助けられだろうが、悔しいなデク」や「デク、気持ちはわかるけどな」といったように、純粋にアニメ版ヒロアカを楽しんでいる視聴者も数多くいるようです。

advertisement

オールマイトの過去、そして託す想い

 第67話では、オールマイトが弟子であるデクに対して、サイドキックであったナイトアイとの関係性や、ワン・フォー・オールの前候補者について語るシーンが盛り上がりを見せました。また一連の流れを作り、オールマイトに過去を語らせるきっかけを作ったデクの真剣な眼差しや声に、彼がしっかりと成長していることを喜び、「よい師弟だ」と改めて師弟関係に感心する声も見られました。

 そしてナイトアイが見た未来。オールマイトが迎える絶望を口にしたオールマイト。さらに続けるデクと出会ったことへの想いや、ナイトアイが見た未来に対して負けないことを宣言し、それをデクと誓い合う胸アツのシーンでは、多くの視聴者が反応。「この師弟エモすぎる」や「デクくんとオールマイト、出会えてよかった」「アニメで観ても泣ける」といった声が続出しました。

advertisement

癒やしの爆豪

 「第4期は暗いシーンが多いだろうな……」や「今回は重い話だ」といった声が聞こえてくる今期のヒロアカ。しかし、緊張する場面が多いと予測されるシーズンだからこそ、普段の教室シーンに癒やされる人も多いようです。第67話で特に目立ったのは、教室でいつものように振る舞う爆豪。中には「爆豪に癒やされる日が来るとは」といったツイートをする人も。

 さらに、壊理の事やナイトアイとの関係などもあり、教室で沈むデクに対し、こちらもやっぱりいつものキャラを崩さずに質問する峰田。デクがインターンの話をしようとすると、耳を塞いで話を遮る爆豪。その光景に、ほんの少しだけ日常を取り戻して微笑むデク。幼なじみだからこそ、どんな時でもデクを日常に戻せる爆豪の魅力を語る人も現れました。

advertisement

まとめ

 怯えて助けを求める少女壊理をオーバーホールから助けることができなかったデクとミリオ。このことと、オールマイトが自分に話していないことがあると知らされたことで、自分の思いを直接オールマイトにぶつけたデクは真実に愕然とします。「この話は、君のためにならないと思った」というオールマイトの言葉が心に突き刺さった第67話でした。

advertisement

注目の次回は……

 第68話のメインは、ファットガムの下でインターン活動を始めた切島のヒーロー活動です。大阪の街で遭遇した個性を活性化させる相手に対し、切島はとっておきの新必殺技を繰り出します。その結果やいかに……。次回も見逃せません!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング