メディア

蒸し暑い季節を迎える前に試したい「COOL系さっぱり入浴剤」おすすめ5選&AmazonランキングTOP10!【2021年6月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 もうすぐ夏本番。気温が上がるにつれて汗をかく頻度も増えます。汗を流してスッキリする方法といえば入浴ですが、COOL系入浴剤を使えば夏の入浴がより爽快になることでしょう。そこで本記事では、「夏に試してみたいCOOL系入浴剤」5選を紹介します。

advertisement

おすすめ1:バスロマン 入浴剤 スーパークールタイプ

 入浴剤の代表格「バスロマン」シリーズの1つ、スーパークールタイプは突き抜ける爽快感とさっぱり感が特徴。お湯に入れるとすばやく溶けて、すがすがしいミントの香りがします。風呂上がりも素肌がさらりと乾いた感じが続くため、熱帯夜に使ってほしい入浴剤です。

advertisement

おすすめ2:バブ メディキュア 冷涼クール レモングラスの香り

 高濃度炭酸が魅力の入浴剤。泡の数は他のバブと比べて10倍、配合されたメントールにより、入浴後も爽快な気分が続きます。お湯に溶かすと、レモングラスの香りが漂います。暑さでぐったりした時や、週末のちょっとしたごほうびなどにおすすめです。

advertisement

おすすめ3:いい湯旅立ち 納涼にごり炭酸湯 そよかぜの宿

 にごり湯の温泉気分を楽しめる当品は、薄荷(はっか)・八朔(はっさく)・ラムネ・朝顔の4つの香りがあり、その日の気分によって選ぶことができます。炭酸ガスが血行を促進し、夏バテ特有のだるさや冷房由来の冷えをやわらげ、メントールが肌に爽快感を与えて汗のべたつき感を抑制。また、保湿成分であるヒアルロン酸も入っています。錠剤タイプで管理しやすく、日常的に使えます。

advertisement

おすすめ4:きき湯 炭酸入浴剤 清涼炭酸湯 ミント&ライムの香り

 きき湯シリーズの1つで、夏につらい疲労感を覚えがちな人におすすめです。重曹(有効成分/温泉ミネラル)・炭酸ガス(温泉ガス)・亜鉛(保湿成分)を配合。お湯に入れると、さわやかなミントとライムの香りが気分をやわらげてくれます。

advertisement

おすすめ5:ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)

 最後に紹介するのは、「ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)」。鼻づまりや虫よけ以外に、入浴剤としても活用できます。夏のお風呂上がりは肌がベタベタして辛いという方は、湯船に数滴落として入浴してみましょう。ただし、入れすぎると寒くなるので、くれぐれもご注意ください。

 ここまで「夏に試したいCOOL系入浴剤」のおすすめ5選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「入浴剤」ランキングTOP10を掲載しています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.