メディア

運動神経が良い都道府県ランキング! 小5男子の体力テスト1位は「福井県」

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 新型コロナウイルスの影響により、外出を制限される生活が続いています。ずっと家の中に閉じこもっていると、気になってくるのが運動不足。部屋の中で行える筋トレや運動ゲームを始めたという人も多いでしょう。

 今回は、公立小学校の小学5年生男子を対象にした「運動神経が良い都道府県ランキング」の結果を見てみましょう。データはスポーツ庁が2018年に実施した体力テストです。全8種目の体力合計点をもとに算出されています。

(出典:スポーツ庁「平成30年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果」

「写真AC」より引用
advertisement

第3位:石川県

 第3位は「石川県」です。体力合計点は56.73ポイントで、握力・上体起こし・長座体前屈・反復横とび・20メートルシャトルラン・50メートル走・立ち幅とび・ソフトボール投げのすべての種目で、全国平均を上回る結果となりました。

 石川県教育委員会では、2006年度から「いしかわっ子体力アップ推進事業」に取り組むなど、子供の体力向上に取り組んでいます。近年では、児童生徒のバランスの取れた体力向上を実現すべく、地域の大学や専門機関と連携した実践研究も行っているとのこと。

「Pixabay」より引用
advertisement

第2位:福井県

 第2位は「福井県」です。体力合計点は57.41ポイントで、20メートルシャトルランと立ち幅跳びの2種目では、全国トップの成績となっています。福井県では休み時間等を利用して、なわとびや持久走といった全身運動に取り組む「ザ・チャレンジ!」を実施し、児童生徒の体力向上を図っています。

「Pixabay」より引用
advertisement

第1位:大分県

 第1位は「大分県」です。体力合計点は57.66ポイントで、全種目で全国平均を上回る結果となったほか、反復横跳びと握力では全国トップの成績となっています。また、すべての種目の得点を合計した総合評価で、最低となるE評価の割合が最も少なかったのも大分県でした。

「Pixabay」より引用

 ランキング第47位~1位の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.