メディア

自宅で仕事が快適になる「テレワークインテリア」おすすめ5選&Amazon人気ランキングTOP10!【2021年6月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 テレワークが推進され、この一年で生活様式がガラリと変わった人も多いことでしょう。なかでも出社をせずに家の中で仕事をする“テレワーク”は、今や聞き慣れたワードとなり、導入する企業も増えてきました。

 そんな時代だからこそ、家で仕事をする環境を快適にしたい人も多いはず。今回は、そんなテレワークを頑張る人たちにおすすめしたい家具をセレクトしました。ストレスを感じることなく、仕事ができる空間作りを目指しましょう!

画像は「ACME Furniture」公式サイトより引用
advertisement

おすすめ1:journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)「ALVESTA DESK」

画像はBAYCREW′Sより引用

 journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)は、時流を超えたスタイルを提案するインテリアショップです。「ALVESTA DESK」は、北欧スウェーデンのヴィンテージのテーブルからデザインフォルムのヒントを得て制作されたもの。幅72cm、奥行45~57cmと非常にコンパクトなサイズ感で、コンセントが付いた設計になっています。「一人暮らしで作業スペースが取れない」なんて人には持ってこいのデスクではないでしょうか。

advertisement

おすすめ2:ACME Furniture(アクメファニチャー)「BROOKS DESK 」

画像はBYACREW′Sより引用

 オリジナルとヴィンテージ、双方の個性と魅力をミックスさせた独自の世界観の家具を提案するインテリアブランドがACME Furniture(アクメファニチャー)。アメリカンヴィンテージから得たインスピレーションをベースに作れている上質な家具が好評のブランドです。「BROOKS DESK 」は、ACME Furnitureでは一番ベーシックな形で細部のディテール、使い勝手を考えて作られました。PCを使うデスクで一般的なサイズと言われる幅120cm、奥行60cmになっており、ゆとりを持って作業することができます。シンプルなデザインで美しいディティールが部屋に映えます。

advertisement

おすすめ3:Ergohuman(エルゴヒューマン)「Nエルゴヒューマンチェア EH-HAM」

画像はAmazonより引用

 Ergohuman(エルゴヒューマン)は、人間工学に基づいた座り心地を追求し続け、こだわり抜かれた座り心地のプロダクトは、世界50カ国以上で愛用されているワークチェアブランドです。ブランドポリシーでもある人間工学に基づいたデザインや機能で、座り姿勢を細やかにサポートできるよう生み出された「Nエルゴヒューマンチェア」は、長年愛されているスタンダードモデル。独立したランバーサポートは、ユーザーの体格と体重に応じて動き、常に腰への負担を軽減してくれます。

advertisement

おすすめ4:HermanMiller(ハーマンミラー)「セイルチェア」

画像はAmazonより引用

 1923年にアメリカのミシガン州ではじまったHermanMiller(ハーマンミラー)は、歴史がありながらも常に最先端を行くブランド。この「セイルチェア」は、イームズアイテムやアーロンチェアで知られるハーマンミラーのエルゴノミクス(人間工学)に基づいて作られた同社内最もローコストなチェアです。フレームのない背もたれは、美しいデザインで、ユーザーにかつてないほど自由な動きと、適切なサポートを提供してくれます。

advertisement

おすすめ5:タチバナ産業「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」

画像はAmazonより引用

 ダンボール箱、プラスティック製ダンボール箱の製造と販売を手がけているタチバナ産業。個室パーテーション間仕切りの「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」は、ネットカフェのように周囲との接触を遮断してくれます。テレワークや受験勉強に集中したい、ゲームや趣味に没頭したいというプライベート空間を簡単に作ることができます。入口は左右どちらでも組立が可能で、部屋の形状に合わせて設置できます。天井は採光のために吹き抜けとなっており、明るさを保持ちながら作業することができ、空調も遮ることなく快適な空間を保ちます。家の中でも誰かに邪魔されることなく、一人の空間で仕事がしたい方などにおすすめです。

 ここまで「テレワークインテリア」のおすすめ3選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「オフィス家具・収納」ランキングTOP10を掲載しています!

当記事では、Amazon.co.jpの売れ筋ランキングに基づいたデータを使用しています。順位や価格は記事制作時のものであり、変更されている場合があります。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.