メディア

「FF7」で一番好きな仲間キャラは?【人気投票実施中!】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された「FINAL FANTASY VII(FF7)」は、歴代FFシリーズの中でも人気の高い作品です。発売当時、ポリゴンで描かれたリアルな背景や3Dムービーに衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか。

 その後も続編や外伝の作品が作られ、2020年にはPlayStation 4(PS4)向けソフトとしてフルリメイク版の第1弾がリリース。2021年6月10日には「ファイナルファンタジーVII リメイク」のPS5移植版となる「ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード」が販売されました。

 今回はそんなFF7で「一番好きな仲間キャラは?」というテーマの人気投票を実施します。「絶対パーティーに入れていた」「ステータスアップ系アイテムを注ぎ込んだ」など、あなたのお気に入りのキャラを教えてください!

 それでは、投票対象のキャラを紹介します。

advertisement

クラウド・ストライフ

 神羅カンパニーの元ソルジャーだったFF7の主人公。神羅カンパニーを抜けた後、幼なじみであるティファに誘われて反神羅組織アバランチへ入り、ミッドガルの壱番魔晄炉爆破作戦に参加します。ツンツンした金髪が特徴で、口癖は「興味ないね」。ストーリー序盤から時おり謎の幻覚にさいなまれますが、ゲームを進めるにつれ、その理由や過去が明らかになっていきます。

advertisement

バレット・ウォーレス

 故郷と家族を奪った神羅カンパニーへの復讐を誓うアバランチのリーダー。かなりの巨漢を誇り、右腕のギミックアームで戦います。神羅カンパニーを星の命を縮める存在として強く非難し、ミッドガルの魔晄炉を標的とする爆破テロを起こしますが、報復によって多くのものを失うことに。娘のマリンを溺愛している良き父な一面も持っています。

advertisement

ティファ・ロックハート

 クラウドの幼なじみで、アバランチのメンバーの1人。普段は七番街スラムのバー「セブンスヘブン」を切り盛りしています。ザンガン流格闘術の使い手で戦闘のプロ。普段は明るく面倒見の良いキャラですが、実は控えめで奥手な性格なため、自分の思いをなかなか口にできないという意外な一面も持っています。

advertisement

エアリス・ゲインズブール

 廃墟になった伍番街スラムで暮らす、教会で花を育てている花売りの女性。ひょんなことからクラウドと知り合い、デート1回の報酬でボディーガードを依頼します。母親と2人暮らしをしていますが、血のつながった親子ではなく、幼いころは実の母親とともに“ある理由”から神羅カンパニーに捕らわれていました。

advertisement

レッドXIII / ナナキ

 見た目はヒョウやチーターを思わせる4足の動物ながら、人間の言葉を理解する知能を持った存在。神羅ビルに研究サンプルとして監禁されていた時にクラウド一行と出会い、脱出してからは一緒に旅をすることになります。レッドXIIIという名前は神羅カンパニーが与えた研究サンプルとしての番号で、後にナナキという本名が明らかになるエピソードは、とても印象深いものがありました。

advertisement

ユフィ・キサラギ

 マテリアを集めているウータイ出身の忍者で、最初は敵としてクラウド一行の前に姿を現します。事前情報なしで仲間にするのはなかなか難しく、ギルを盗られて憤慨したプレイヤーも多かったのでは? 仲間になってからの言動や戦闘時のしぐさには、いかにも等身大の女の子といったかわいらしさが感じられましたね。

advertisement

ケット・シー

 デブモーグリに乗り、関西弁でしゃべる黒猫のぬいぐるみロボット。見た目の通り人間ではなく、“ある人物”が遠隔操作しています。ゴールドソーサーで半ば強引にパーティーに加わり、その後に“ある秘密”が発覚しますが、クラウドたちを支える良き仲間として長く一緒に冒険することになります。

advertisement

ヴィンセント・ヴァレンタイン

 ニブルヘイムに立つ神羅屋敷の地下で眠り続けている、神羅カンパニーの特殊工作部隊タークスの元メンバーです。数十年前に神羅カンパニーの宝条が施した人体実験によって、人ならざる力と老いが止まった肉体を持つ存在となってしまい、リミットブレイクでは異形の怪物に変身。仲間にしなくてもゲームは進められますが、ストーリーの鍵となる情報を多く持っています。スピンオフ作品の「ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII」では主役を務めました。

advertisement

シド・ハイウインド

 伝説的な飛空艇パイロットで、かつては神羅カンパニーの宇宙開発に携わっていたものの、乗り込んだロケットは打ち上げに失敗。しかし宇宙へ行く夢を諦められずに、今も古ぼけたロケットを整備し続けています。豪快な性格で言動がやや乱暴という一面もありますが、決める時には決めてくれる頼もしい存在です。ストーリー後半になると、飛空艇の操縦を担当します。

advertisement

まとめ

 FF7は、ストーリーの中でそれぞれのキャラのバックストーリーが深く掘り下げられているのが特徴です。そのため特別な思い入れのあるキャラがいる人も多いでしょう。ぜひ投票よろしくお願いします!

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.