メディア

【ゲゲゲの鬼太郎】アニメで何期の「ねこ娘」が好き?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1968年の初代から第6期まで放送された水木しげるさん原作の大人気テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」。そのヒロイン的な立ち位置にいるキャラクターが「ねこ娘」です。

 今回は「アニメ版『ゲゲゲの鬼太郎』の歴代ねこ娘で好きなのは?」というテーマで人気投票を実施します。あなたが一番好きなのは、何期のねこ娘ですか?

advertisement

第1期(1968~1969年)

 第1期では、レギュラーキャラクターではなく、第20話「猫娘とねずみ男」のみに登場するゲストキャラクターでした。主人公の鬼太郎とは仲の良い友人で、互いを「鬼太郎ちゃん」「ねこちゃん」と呼び合う仲です。ちなみに、この時は、まだ髪にリボンを結んでいませんでした。

advertisement

第2期(1971~1972年)

 レギュラーキャラクターとなり、第1話「妖怪復活」から登場。トレードマークの髪に結ばれた大きなリボンは、この時から見られます。第1期のころとは違い、顔立ちは少しやわらかくなりました。鬼太郎を“さん”づけで呼んでおり、鬼太郎親子の家事を手伝うことも。

advertisement

第3期(1985~1988年)

 第3期は赤いリボンに吊りスカート、そして赤い靴がトレードマーク。鬼太郎に対して明確な好意を示すようになりました。ライバルにあたるヒロイン・天童ユメコも登場し、鬼太郎が彼女に鼻の下を伸ばすと、怒って彼に八つ当たりするなど、年ごろの女の子らしさが垣間見えるようになりました。

advertisement

第4期(1996~1998年)

 第1話からコンスタントに登場。キャラクターデザインは今まで以上に原作に近くなりました。人間と比べて体の成長が遅いのを気にしており、そのコンプレックスを妖怪・ラクシャサに利用されてしまう「髪の毛地獄! ラクシャサ」は、とても良いエピソードですよね。

advertisement

第5期(2007~2009年)

 第5期では、キャラクターデザインが大きく変わり、より愛らしさが増しました。髪型はベリーショートで、大きな目と八重歯がチャームポイント。普段の服装は今までとほとんど変わりませんが、季節やストーリーに応じて水着姿やゴスロリ衣装など、さまざまな服装で登場します。

advertisement

第6期(2018~2020年)

 第6期もキャラクターデザインが大きく変わり、頭身が高くなりました。服装は赤の吊りスカートにハイヒール、大きなリボンと従来のシリーズからあまり変わりませんが、性格はツンデレが強調されており、かなり高い戦闘能力も持っています。

advertisement

まとめ

 テレビアニメ第1期から第6期までのねこ娘をざっと紹介しました。皆さんの好きなねこ娘はどの時代でしょうか?

 今回は、テレビアニメ第1期から第6期までのねこ娘が投票対象です。テレビアニメ「墓場鬼太郎」に登場するねこ娘(寝子)など、他のねこ娘が好きという人は「その他」に投票のうえ、コメント欄から教えてください。それでは投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.