メディア

「亀田製菓」のお菓子で一番好きなのはどれ?【ハッピーターン、柿の種など / 人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本を代表するお菓子メーカー「亀田製菓」。1946年に創業した亀田郷農民組合委託加工所に端を発し、米どころ新潟のお菓子メーカーとして「ハッピーターン」や「亀田の柿の種」といった人気のお菓子を多く販売しています。

 今回は、そんな亀田製菓のお菓子で一番好きなものを大調査! ぜひ、皆さんのお気に入りの商品に1票をお願いします。まずは人気商品から4種類を紹介しましょう。

advertisement

亀田の柿の種

 おやつにはもちろん、ビールのおつまみにもピッタリ! 2017年にはJAXAから宇宙食にも認定された「亀田の柿の種」は、柿の種のピリッとした味わいと、まろやかなピーナッツの相性が抜群です。梅しそやわさび、梅ざらめなど、味のバラエティが豊かなのも魅力! 2020年には柿の種とピーナッツの比率が、6:4から7:3に変わりました。

亀田の柿の種 1500g(75g×20袋)"

亀田の柿の種 1500g(75g×20袋)

1,780円(10/18 01:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

ハッピーターン

 食べると甘じょっぱさが口いっぱいに広がる「ハッピーターン」。やさしい味のせんべいで、ついつい手が止まらなくなります。開発当時の日本は第1次オイルショックの影響で世の中が暗く、幸せ(ハッピー)が戻ってくる(ターン)ようにという願いを込めて「ハッピーターン」という名前がつけられました。

 おいしさの秘密であるハッピーパウダー、それがせんべいから取れないようにするパウダーポケットや包み紙など、こだわりがいっぱい! 「53gパウダー250%ハッピーターン」「67gハッピーターン」には、ハート型のハートハッピーが入っていることも!

亀田製菓 ハッピーターン 108g×12袋"

亀田製菓 ハッピーターン 108g×12袋

1,806円(10/18 01:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

ぽたぽた焼

 おばあちゃんの素朴なイラストがトレードマークの、昔なつかしい雰囲気が魅力の「ぽたぽた焼」。砂糖醤油のレトロな味つけがクセになる、それでいてしつこくない、飽きがこない味わいのおせんべいです。化学調味料無添加なのもうれしいですよね。

亀田製菓 ぽたぽた焼 20枚×12袋"

亀田製菓 ぽたぽた焼 20枚×12袋

1,539円(10/18 01:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

うす焼

 パリパリした食感と、香ばしくあっさりした塩加減がクセになる「うす焼」。軽い口どけなので、ついつい手が伸びてしまいます。スナック菓子と米菓の中間のようなお菓子として多くの人に愛されており、定番のサラダ味のほかにえび味があります。現在、期間限定でわさび山椒味が販売中です。

亀田製菓 サラダうす焼 85g×12袋"

亀田製菓 サラダうす焼 85g×12袋

1,348円(10/18 01:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

  選択肢には、亀田製菓の主な商品を用意しました。どのお菓子も日本人の口によく合い、飽きのこない味が魅力ですね。もし自分の好きなお菓子が選択肢にない場合は、「その他」を選んでコメント欄から商品名を教えてください。たくさんの投票およびコメントをお待ちしています!

advertisement

アンケート

「亀田製菓」のお菓子で好きなのは?
合計:169票
実施期間:2021/06/29〜2021/07/05
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.