メディア

【任天堂】ゲームシリーズ人気ランキングTOP20! 「ゼルダ」を抑えて1位になったのは意外なシリーズ【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 6月9日から6月23日まで、ねとらぼ調査隊では「一番好きな任天堂のゲームシリーズは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、20種類の任天堂のゲームシリーズ。好きなゲームシリーズが選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントでシリーズ名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数1643票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:スプラトゥーンシリーズ

 第10位は「スプラトゥーンシリーズ」でした。得票数は47票、得票率は2.9%となっています。

 新感覚のシューティングゲームとして、注目を集め、大ヒットを記録したタイトルです。4対4のチームバトルは、世界各国のゲームファンが参戦! 互いにインクを塗り、ナワバリの広さを競い合います。

 もちろんオフラインモードも充実。プレイヤーは、孤高のヒーローとなり、巨悪・タコ軍団に立ち向かいます。「Nintendo Direct 2021.2.18」では、新作となる「スプラトゥーン3」が2022年に発売されると発表されました。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch"

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) – Switch

5,250円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第9位:メトロイドシリーズ

 第9位は「メトロイドシリーズ」でした。得票数は58票、得票率は3.5%となっています。

 コスモ暦20X5年から始まる、遠い未来の宇宙で起こる物語。第1作はディスクシステム用ゲームとして発売されました。メトロイドシリーズ最大の特徴は日本国内はもちろん、海外人気が非常に高いことです。

 少し難易度の高いアクション性はもちろん、主人公「サムス・アラン」のキャラクターデザイン、ゲームの世界観など、独特な要素が人気の秘訣。10月8日には19年ぶりとなる新作「メトロイド ドレッド」が発売予定です。

メトロイド ドレッド -Switch"

メトロイド ドレッド -Switch

6,277円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第8位:大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

 第8位は「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」でした。得票数は60票、得票率は3.7%となっています。

 任天堂のゲームシリーズの人気キャラクターが勢ぞろいするクロスオーバーの格闘ゲームです。最後までステージ上に立っていたものが勝者となるので、いかにして相手をステージから落下させるかが重要です。

 発売当初、格闘ゲームの既成概念を覆すこのルールは、大きな反響を呼びました。そして今、登場キャラクターはゲーム会社の垣根を超え「ソニック」「クラウド」「スネーク」なども参戦しています。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch"

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch

5,946円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第7位:どうぶつの森シリーズ

 第7位は「どうぶつの森シリーズ」でした。得票数は69票、得票率は4.2%となっています。

 どうぶつの森シリーズが主題とするのは、コミュニケーション。プレイヤーは動物たちが暮らす村の住人となり、スローライフを満喫するとともに、他のプレイヤーと交友します。

 仮想の世界であっても、人との交流に癒しを得られる点が大好評。さらに、新型コロナウイルスの影響による自粛生活とほぼ同時に新作「あつまれ どうぶつの森」が発売されたこともあって大ヒットを記録しました。

あつまれ どうぶつの森 -Switch"

あつまれ どうぶつの森 -Switch

5,470円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第6位:ファイアーエムブレムシリーズ

 第6位は「ファイアーエムブレムシリーズ」でした。得票数は103票、得票率は6.3%となっています。

 シミュレーションロールプレイングゲームのジャンルが確立されるきっかけとなったシリーズ。物語の舞台は、国家間で戦争が起きているファンタジーの世界で、プレイヤーは兵士一人一人のスペックを考慮しながら、軍隊を指揮します。

ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch"

ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch

6,345円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第5位:ポケットモンスターシリーズ

 第5位は「ポケットモンスターシリーズ」でした。得票数は135票、得票率は8.2%となっています。

 第1作「ポケットモンスター赤・緑」の発売以来、幅広い年代のファンをとりこにし続けるRPG。「ポケモン」を集めて、育てて、交換して、戦わせてと、みんなでワイワイ楽しめるゲームです。

 交換システムの登場がとにかく新しく、ゲームボーイの販促はもちろん、通信システムの普及に大きな影響を与えました。ポケモンが空前の大ヒットを記録したからこそ、携帯ゲーム機の今があるといっても過言ではありません。

advertisement

第4位:星のカービィシリーズ

 第4位は「星のカービィシリーズ」でした。得票数は150票、得票率は9.1%となっています。

 ゲームクリエイターの桜井政博さんによって生み出された大ヒットシリーズ。吸い込む、空を飛ぶ、コピーなどの特徴的なアクションと親しみやすい操作性で、幅広いユーザーに受け入れられました。主役のカービィはもちろん、敵役のデデデ大王やメタナイトなど、キュートなキャラも人気の理由です。

星のカービィ スターアライズ - Switch"

星のカービィ スターアライズ – Switch

5,500円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第3位:マリオシリーズ

 第3位は「マリオシリーズ」でした。得票数は161票、得票率は9.8%となっています。

 任天堂の看板ともいえるキャラクター、マリオ。1981年に登場したアーケードゲーム「ドンキーコング」の主人公として初登場し、後に「マリオ」と名付けられました。アクションゲームだけでなく、レースゲームやRPGでも活躍しています。

 コメントでは「『マリオブラザーズ』も『スーパーマリオブラザーズ』も面白さが革命的だった」「1つのソフトで3つの作品が遊べる『スーパーマリオ 3Dコレクション』は最高」といった声が寄せられていました。

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド -Switch"

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド -Switch

5,130円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:ゼルダの伝説シリーズ

 第2位は「ゼルダの伝説シリーズ」でした。得票数は328票、得票率は20%となっています。

 任天堂を代表するアクションアドベンチャーゲームで、1986年に第1作「ゼルダの伝説」が発売されました。ハイラル王国を舞台に、プレイヤーは主人公のリンクを操作して平和のために戦っていきます。7月16日には「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」、2022年には近年の大ヒット作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編が発売される予定です。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch"

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – Switch

6,020円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第1位:大合奏!バンドブラザーズシリーズ

 第1位は「大合奏!バンドブラザーズシリーズ」でした。得票数は394票、得票率は24%となっています。

 2004年12月2日に第1作となる「大合奏!バンドブラザーズシリーズ(バンブラ)」がニンテンドーDS専用ゲームとして発売。ニンテンドーDSローンチタイトルのひとつとして登場しました。好きなパートを選んで演奏したり、どこでも作曲を楽しめるゲームです。最終作は2013年11月14日にニンテンドー3DS用ゲームとして発売された「大合奏!バンドブラザーズP」。

 コメントでは「ぜひ最新作を発売してほしい」「新作を渇望しつつバンドリに投票した」など、新作を望む声が非常に多く寄せられていました。

大合奏! バンドブラザーズP - 3DS"

大合奏! バンドブラザーズP – 3DS

2,980円(10/28 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ゲーム」のアクセスランキング