【60代以上の男性が選ぶ】名曲だと思う「沢田研二のシングル」ランキングTOP36! 第1位は「時の過ぎゆくままに」【2024年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼでは、2024年4月8日から4月15日にかけて「名曲だと思う『沢田研二』のシングルは?」というアンケートを実施していました。

 本記事では寄せられた投票の中から「60代以上の男性」の結果に絞ったランキングを紹介します。沢田研二さんが発表したシングルの中で、60代以上の男性から人気を集めたのはどの曲だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2024年4月8日〜4月15日
有効回答数520票
質問名曲だと思う「沢田研二」のシングルは?
advertisement

第2位:危険なふたり

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「危険なふたり」でした。

 1973年4月21日にリリースされた6枚目のシングルで、沢田さんのソロ曲として初めてオリコン週間1位を獲得した楽曲です。本曲の大ヒットは沢田さんのファン層を拡大し、スターダムに駆け上がるきっかけとなりました。また、同曲は「第4回日本歌謡大賞」で大賞、「第15回日本レコード大賞」では大衆賞を受賞しています。

advertisement

第1位:時の過ぎゆくままに

出典:Amazon.co.jp
時の過ぎゆくままに"

時の過ぎゆくままに

250円(07/25 09:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「時の過ぎゆくままに」でした。1975年8月21日にリリースされた14枚目のシングル。作詞を阿久悠さん、作曲を「太陽にほえろ!」や「名探偵コナン」の楽曲で知られる大野克夫さんが担当しました。

 本曲は沢田さん自身が主演を務めたテレビドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌および挿入歌として使用され、大ヒットを記録。1975年の「第26回NHK紅白歌合戦」でも披露されました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング