メディア

【朝ドラ】「2010年代のNHK連続テレビ小説」の主人公の母親役で好きな人は誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年7月時点では104作目「おかえりモネ」が放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)。どの作品も魅力的な主人公ばかりですが、そんな主人公を支える母親の存在も、朝ドラには欠かせませんよね。

 そこで今回は、「『2010年代朝ドラ主人公の母親役』で好きな人は?」という人気投票を実施します。あなたの印象に残っている、2010年代の作品の母親役を教えてください! それでは、ねとらぼ調査隊で行った「『2010年代の朝ドラ』人気ランキング」でTOP3にランクインした作品に登場した、主人公の母親役を紹介します。

advertisement

小泉今日子(あまちゃん)

 小泉今日子さんは、2013年放送の「あまちゃん」で主人公となる天野アキの母親・天野春子を演じました。劇中では「潮騒のメモリー」で歌声も披露しています。娘のアキが、かつての自分と同じくアイドルを目指すことには当初猛反対しますが、春子の母・夏とのわだかまりが解けたこともあり、一転して応援するように。後に上京してきた際には、アキのために芸能事務所を設立。かつての伝手を活用し、数々の仕事を持ってくるようになりました。

画像は「NHKオンデマンド」より引用
advertisement

寺島しのぶ(あさが来た)

 2015年~2016年放送の「あさが来た」で、主人公の今井あさの母親・今井梨江を演じたのは寺島しのぶさん。梨江は面倒見がよく責任感が強い性格で、自ら行動して事業を進めるあさと、嫁ぎ先が倒産してしまったあさの姉・はつを気にかけていました。宮﨑あおいさん演じるはつに、土地の権利書を受け取るよう説得する一連のシーンは見どころです。

画像は「NHK人物録」より引用
advertisement

富田靖子(スカーレット)

 富田靖子さんは、2019年~2020年放送の「スカーレット」で、主人公・川原喜美子の母・川原マツを演じました。マツはお調子者で酒好きな夫・常治と対照的におっとりとした性格で、常治の困った行動を受け入れるおおらかさの持ち主。裁縫が得意で、内職で家計を支えた時期もありました。マツを演じた富田さんによると、プライベートで街を歩いていると「ご主人大変ね」と声をかけられることもよくあったのだそうです。

画像は「NHKアーカイブス」より引用

 以上、2010年代の朝ドラ作品から、3人の母親役を紹介しました。今回のアンケートの投票対象は、2010年代の朝ドラ(「ゲゲゲの女房」から「スカーレット」まで)の主人公の実母及び育ての母となっています。それぞれの役の感想や印象的なシーン・セリフといったコメントとともに、あなたが一番好きな母親役に、投票よろしくお願いします。

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.