メディア

【京都観光】秋の特別拝観を行っている寺社で一番行きたいのは?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本を代表する観光地、京都。春夏秋冬さまざまな魅力のある場所ですが、とくに秋は歴史ある建物と紅葉の組み合わせが素晴らしく、海外からもたくさんの観光客が訪れます。それに合わせて秋に「特別拝観」と称し、普段は非公開な場所を拝観できる寺社があることはご存知でしょうか?

 そこで今回は「あなたが訪れたい秋の特別拝観を行っている寺社は?」というアンケートを行います。それぞれ魅力あふれる寺社がある中、あなたが訪れたい場所はどこでしょうか? それではまず投票対象の中から、特別拝観を予定している5つの寺社を紹介しましょう。

advertisement

瑠璃光院

 京都市左京区上高野にある寺院です。京都の中心部からやや外れた場所にあり、春と秋だけ(2021年は夏も特別公開)特別公開される寺院です。2階の書院から見る紅葉と、その色彩が床に写る様子がTwitterやInstagramで話題になり、人気に拍車をかけました。公開期間中の土日は大変混み合うので、平日の訪問がおすすめです。

瑠璃光院公式サイト
advertisement

聖護院門跡

 京都市左京区にある本山修験宗総本山です。かつては代々法親王が入寺する格式高い門跡寺院でした。長い間予約制で拝観を行ってきましたが、希望者が多いので毎年秋にだけ予約不要の特別拝観を行っています。江戸中期に建てられた門跡寺院独特の建物「宸殿」の内部も見学可能なので、歴史が好きな方、修験道に興味がある方は必見です。

聖護院門跡公式サイト
advertisement

東寺宝物館

 東寺は、京都を代表する寺院の1つです。新幹線から見える五重塔がある寺院として覚えている方も多いことでしょう。東寺は常に公開されていますが、秋は宝物殿や五重塔の初層の特別公開や、夜間のライトアップなどが行われます。京都駅からも近鉄電車で1駅と大変近いので、夕食後のそぞろ歩きにもおすすめ。

東寺宝物館 宝物館公式サイト
advertisement

旧嵯峨御所 大覚寺(夜間ライトアップ)

 旧嵯峨御所大覚寺は、嵐山からバスやレンタサイクルで行くことができる真言宗大覚寺派大本山であり、嵯峨天皇の離宮だった場所です。秋になると観光客も参加できる「観月の夕べ・嵯峨菊展」など、さまざまな催し物があり、夜間特別拝観 「真紅の水鏡」も行われます。嵯峨菊と紅葉のライトアップは幻想的な美しさです。

旧嵯峨御所大覚寺公式サイト
advertisement

高台寺(夜間特別拝観)

 高台寺は京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院で、豊臣秀吉の夫人ねねが夫の菩提を弔うために建立した寺院。春・夏・秋・冬と四季折々の夜間拝観があり、幻想的な風景を楽しむことができます。繁華街にも近いので、夜の京都観光のコースに組み込んでも楽しいでしょう。

高台寺公式サイト
advertisement

あなたが訪れたい「秋の特別拝観」を行っている寺社は?

 秋の特別拝観がある寺社を5つピックアップして紹介しました。投票対象となるのは、このほか15の寺社を用意しています。あなたが秋に訪れてみたい京都の寺社はどこですか? それではアンケートより、ご投票よろしくお願いします。

 なおコロナ禍の影響を受け、2021年秋の特別拝観スケジュールには変更の可能性があります。

advertisement

アンケート

写真AC

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.