メディア

【競馬】あなたが一番好きな「サンデーサイレンス産駒」のG1優勝馬はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1986年3月にアメリカ合衆国で生まれ、「20世紀のアメリカ名馬100選」にも選出されたサラブレッド「サンデーサイレンス」。1991年からは日本で種牡馬生活を開始し、当初は半信半疑の人も多かった中で大成功を収めました。種牡馬として高い評価を得たサンデーサイレンスは、「日本リーディングサイアー」において13年連続で1位を獲得し、日本競馬の発展に大きく貢献しています。

 そこで今回は「一番好きな『サンデーサイレンス産駒』のG1優勝馬は?」というアンケートを実施します。あなたの一番好きな競走馬にご投票ください。まずは、数あるサンデーサイレンス産駒から生涯獲得賞金額の多いTOP3を紹介します!

advertisement

ディープインパクト

 ディープインパクトは、2002年に生まれた競走馬です。母はドイツG1「アラルポカル」優勝経験を持つウインドインハーヘアという血統。2005年には日本競馬史上2頭目となる、無敗でのクラシック三冠を達成するなど大活躍しました。また、引退後は父馬と同じく種牡馬としても大成功し、史上初となる親子での無敗クラシック三冠を達成したコントレイルなど、優秀な産駒を数多く残しました。

advertisement

ゼンノロブロイ

 ゼンノロブロイは、2000年に生まれた競走馬。母は米国G1「バレリーナH」を制したローミンレイチェルという血統です。3歳時はクラシックG1を勝利することはできませんでしたが、2004年の4歳時には「天皇賞(秋)」「ジャパンカップ」「有馬記念」を制し、JRA賞年度代表馬にも選出されました。2005年に引退してからは種牡馬として活動し、ファーストシーズンリーディングサイアーにも選ばれていいます。

advertisement

スペシャルウィーク

 スペシャルウィークは、1995年に生まれた競走馬です。父はサンデーサイレンス、母は名牝シラオキを曽祖母に持つキャンペンガールという血統。1997年に武豊さんを鞍上に据えて新馬戦でデビュー。早くから頭角をあらわすと、1998年には「日本ダービー」を制覇。1999年には「天皇賞(春)」「天皇賞(秋)」を連覇し「ジャパンカップ」にも勝利しました。引退後は種牡馬となり、「オークス」や「桜花賞」などを制したブエナビスタといった産駒を輩出しています。

advertisement

まとめ

出典「Amazon.co.jp」
出典「Amazon.co.jp」

 ここまで、サンデーサイレンス産駒の競走馬から、獲得賞金額の多い順に3頭を紹介しました。いずれも、日本の競馬史に残る名馬ばかりですね。

 なお今回の投票では、数多くのサンデーサイレンス産駒の競走馬から、日本中央競馬会(JRA)が主催する中央競馬の「G1級レース」を優勝した経験がある主な競走馬43頭を選択肢としています。しかし、サンデーサイレンス産駒の競走馬はほかにもたくさんいるため、もし選択肢以外の競走馬に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に馬名と投票理由をお書きください。

 ほかにも各競走馬の好きなところや、現役当時の印象的なエピソード、サンデーサイレンスの血統を伝える種牡馬・繁殖牝馬としての魅力などもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.