メディア

「菅田将暉」出演ドラマで好きな作品は?【人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 俳優にとどまらず、ラジオパーソナリティや歌手としても活躍している菅田将暉さん。人なつっこい青年から冷酷な犯罪者まで、どんな役でも演じられる菅田さんは、主演として作品をリードする姿はもちろん、脇役としても圧倒的な存在感を放っており、見ているとつい惹きつけられてしまいますよね。

 そこで今回は、「『菅田将暉』出演ドラマで一番好きな作品は?」というアンケートを実施します。菅田さんの役が印象深い作品など、お気に入りの作品を教えてください! それでは、数ある菅田さんの出演ドラマから、4作品をピックアップして紹介します。

画像は「菅田将暉 音楽STAFF」公式Twitterより引用
advertisement

MIU404

 2020年に放送された「MIU404」は、警視庁に設置された「第4機動捜査隊」を舞台に、刑事である伊吹藍(綾野剛さん)と志摩一未(星野源さん)のバディが社会の闇を抱えた事件に立ち向かうストーリーです。

 この作品で菅田さんが演じたのは、終始謎に包まれた「久住」という青年でした。関西弁でしゃべるなど一見するとフランクで人当たりがよい好青年ですが、実はさまざまな事件を裏で操っていた黒幕。物語のキーマンとして、視聴者に強烈な印象を残しました。

advertisement

おんな城主 直虎

 「おんな城主 直虎」は、2017年放送のNHK大河ドラマ。戦国時代に女性ながら井伊家の当主を務めたとされる、井伊直虎の激動の生涯を描いた作品です。

 菅田さんは、後に「徳川四天王」のひとりとして名を馳せる井伊直政を演じています。幼少期は控えめな性格でしたが、後見人となった柴咲コウさん演じる直虎に「生来の負けず嫌いな性格」を見抜かれ、たくましく成長。利発ながらも血の気も多い菅田さんの直政は、まさに「井伊の赤鬼」を体現していましたよね。

advertisement

「民王」シリーズ

 池井戸潤さんの小説を原作とした「民王」シリーズは、2015年に放送されると好評を博し、翌年には続編となるスペシャルドラマやスピンオフドラマが制作された人気ドラマ。心と体が入れ替わってしまった総理大臣とその息子を描いた、コメディー作品です。

 菅田さんが演じたのは、遠藤憲一さん演じる総理大臣・武藤泰山と入れ替わってしまった、息子の武藤翔。本来はネイルアートや料理に詳しい女子力の高い今どきの大学生ですが、父親と入れ替わってからは眉間にしわを寄せた姿が印象的です。かわいらしい遠藤さんと、凛々しい菅田さんの姿がたっぷり楽しめるコメディーとあって、放送終了後の今も多くのファンに愛される作品となっています。

advertisement

仮面ライダーW

 2009年から2010年にかけて放送された「仮面ライダーW」は、菅田さんがドラマ初出演ながら主演も務めた記念すべき作品。「ドーパント」と呼ばれる怪人が起こす数々の事件を、桐山漣さん演じる探偵の左翔太郎と、菅田さん演じる相棒のフィリップが「仮面ライダーW」に変身し、解決に導いていきます。

 この作品の特徴は、翔太郎とフィリップが一心同体となって1人の仮面ライダーに変身すること。フィリップは、記憶喪失状態で幽閉されていたところを救われ、その後は自身に備わった情報検索能力を駆使して、さまざまな事件の糸口を見つけていきます。世間知らずで純粋な一面を持つフィリップを、ドラマ初出演ながら菅田さんは見事に演じていましたよね。

advertisement

「菅田将暉」出演ドラマで一番好きな作品は?

 菅田さんがこれまでに出演したドラマから、4本を紹介しました。このほかにも「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や「dele」「コントが始まる」など、さまざまな作品に出演しています。

 今回のアンケートでは、菅田さんが出演したドラマから31作品を選択肢に用意しています。選択肢にないドラマに投票したい場合は、「その他」に投票のうえ、コメント欄で作品名を教えてください。「あの役が好き!」「このシーンが忘れられない」などといったコメントとともに、投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.